体育学部

スポーツ・レジャーマネジメント学科

教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシー

教育研究上の目的及び養成する人材像

体育学部スポーツ・レジャーマネジメント学科の教育研究上の目的は、大学・学部の教育目的に沿って、思想・歴史・文化など幅広い教養と豊かな見識を持ち、平和で豊かで美しい地球社会の発展に役立とうとし、人間が人間らしく生きていくために必要不可欠な人権の一つである「スポーツ&レジャー」分野において、自他に対してその実現に寄与し、科学的・創造的思考に卓越し、英語でのコミュニケーション能力を有して国際的に活躍できる人材を養成することです。

3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー

体育学部スポーツ・レジャーマネジメント学科では、以下の能力を備えたと認められる者に学位「学士(体育学)」を授与します。

知識・理解

人間の文化としてのスポーツ&レジャーおよびマネジメントに関する形式知と、国際感覚を備えた実践的な身体知を有する。

汎用的技能

スポーツ&レジャーを通じた社会課題の解決や新たな価値を創造するための科学的・実践的技能を有する。

態度・志向性

スポーツ&レジャーという世界共通の文化を学び続け、人間の幸福やゆとり、クオリティー・オブ・ライフを構築し続けようとする思想を有する。


2カリキュラム・ポリシー

体育学部スポーツ・レジャーマネジメント学科が定めるディプロマ・ポリシーに基づき、以下に示す教育課程を編成し、実施します。

教育課程・学修成果

スポーツ・レジャーマネジメント学科では、ヒューマニズムに基づく倫理観を育て、基本的人権としての「スポーツ&レジャー」の理解を深め、社会で求められる共通能力としてのマネジメント力を培う教育課程を設置し、持続可能な視点と他者・異文化・多文化理解の基礎となる他者への寛容の精神を培い、国際感覚とコミュニケーション力の基礎としての英語能力高めるための科目を開講しています。

教育課程においては、5つの学修領域を設定しています。

「スポーツ&レジャーマネジメント領域」では、まず「マネジメント概論」や「スポーツ&レジャー概論」において、人間の文化としてのスポーツ&レジャーやマネジメントの概念や基礎的な知識を理解させるとともに、新たな価値を生み出す能力を開発します。そのうえで、「スポーツ&レジャー各論」および「マネジメント各論」で専門的な知識と能力を育成します。

「国際スポーツ&レジャー領域」では、「国際スポーツ&レジャー論」や「国際イベントマネジメント論」など、スポーツ&レジャーに関する諸領域について英語で解説する授業をおき、「スポーツ&レジャー」のみならず、グローバル化の観点から、他者と異文化・多文化への理解と配慮を深めます。

「アウトドアスポーツ関連領域」では、アウトドアスポーツを実際に体験、学習することで、スポーツ&レジャー活動の実際とマネジメントについて学びます。 

「スポーツ&レジャー実践領域」では、マネジメントに必須な人間力を高めるために、「スポーツイベントマネジメント実習」や「スポーツ&レジャー海外実習」において、大学内外で行うフィールドワークや実習によって、合意形成と課題発見・解決能力を養います。また、将来を見据え、インターンシップ等でキャリアについて学びます。

「スポーツ&レジャー研究領域」では、初年次教育として「フレッシュマンゼミナール」を開講するほか、「マネジメントゼミナール」や「研究ゼミナール」でスポーツ&レジャー研究における調査や統計手法をはじめとした研究方法を修得します。そして、スポーツ&レジャー研究を通してクオリティ・オブ・ライフ、幸福、ゆとりへと繋げていく思想、人間の生き方や生きがいを構築しようとする志向性、汎用性あるマネジメント能力と個性を兼ね備えた人材を育成します。

学修成果の評価方法

スポーツ・レジャーマネジメント学科のディプロマ・ポリシーに示されている「知識・理解」「汎用的技能」「態度・志向性」に関して、修得単位数・GPAによる分析評価、授業についてのアンケート等を用いた学生による自己評価により、学修成果の評価を行っています。その集計結果は、FD活動等をとおして教育の質向上のためのPDCAサイクルにつなげています。


3アドミッションポリシー

求める学生像

体育学部スポーツ・レジャーマネジメント学科の教育目標を理解し、この目標を達成するために自ら学ぶ意欲を持った人材。及び、ディプロマ・ポリシーで求められている能力を、身に付けられると期待できる基礎学力を十分有する人材。

入学者にもとめる知識・技能・思考力・判断力・表現力・態度
(1) 知識・技能

英語では、高校での英語の科目の履修を通して英語の文章理解力、表現力、コミュニケーション能力を身に付けておくことが望ましい。

国語あるいは、数学のいずれかにおいては、次のことが望まれます。

国語では、高校での国語の履修を通して日本語の文章理解力、表現力、コミュニケーション能力を身に付けておくことが望ましい。

数学では、高校での数学の履修を通して公式や計算方法を理解した上で、それらを応用できる能力を身に付けておくことが望ましい。

特に、スポーツ・レジャーマネジメント学科においては、その専門性をより高めるために総合的な英語力を有していることが望ましい。

(2)思考力・判断力・表現力

文理融合の観点から、総合的かつ科学的思考による経験を通した判断力、及び、具体的に伝達できる発信力が期待できること。

また、個々人のライフスタイルに必要不可欠なスポーツ&レジャーをマネジメントすることによるクオリティ・オブ・ライフの向上に対する興味・関心を持ち、新たな知識・技能を積極的に実践できる力が期待できること。 

(3)主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度

多様な価値観を容認して友好な人間関係を築くことができ、その活動に対して効果的なマネジメントを図ることに努め、挑戦的に取り組むことができ、さらに活動時に生じる失敗や挫折を乗り越えて目標を実現しようと努力が期待できること。