愛知県と「就職支援協定」を締結しました

2018年07月30日

東海大学では7月25日に愛知県と「就職支援協定」を締結し、県庁で締結式を行いました。この協定は、愛知県と本学が相互に連携・協力しながら学生の就職を支援することで、県内企業へのUIJターンの促進を図ることを目的としています。本学ではこれまで栃木県や札幌市、山口県などと就職支援に関する協定を締結しており、今回が17例目となりました。今後は協定締結を受け、学生に向けた県内企業の情報提供や学内での企業説明会の開催、インターンシップの受け入れ支援など、相互に連携・協力していきます。なお、今回は本学のほか8大学(東京圏3大学、関西圏5大学)も同様に協定を結んでいます。

締結式には愛知県から大村秀章知事や森岡仙太副知事ら県関係者と協定を結ぶ9大学のうち6大学の代表者が出席。本学は山田清志学長が協定書に署名しました。大村知事は、「県内には世界トップの中堅企業がたくさんある。これを機に愛知のよさを届け、各地の優秀な学生とつながっていければ」と期待を寄せ、山田学長は、「各自治体との協定を通じて日本のものづくりを支えていく」と語りました。

一覧へ戻る