広報メディア学科の学生が「東海大学同窓会ホームカミングデー」で東日本大震災の写真展を開催しました

2016年11月11日

11月3日に湘南キャンパスで開催された「東海大学同窓会ホームカミングデー」の学部学科紹介ブースの中で、文学部広報メディア学科の小泉眞人教授のゼミナールに所属する学生が東日本大震災に関する写真展を出展しました。本学科では東日本大震災直後の2011年5月から大船渡市を定期的に訪れて、地域住民への取材活動や番組制作を行っています。今年の夏には小泉ゼミの学生が大船渡市立博物館を訪問。震災当時から現在に至るまでの同市の風景を写した写真パネルを目にした学生たちが、「もっと多くの人に、『大船渡の現状を知ってほしい』『東日本大震災を教訓として忘れないでほしい』」と同博物館に写真パネルの借用を依頼し、この度のホームカミングデーでの展示の運びとなりました。。

当日は写真展示だけでなく、これまでの取材活動をまとめた映像も放映。来場者に東日本大震災からの復興に向けた義援金も募りました。運営に携わった学生は、「震災直後や直近に行われた復興活動を撮影したものを時系列で並べ、どのように変化しているのかがわかりやすくなるよう工夫しました。自分たちが取材して見た大船渡を伝えられてよかった」、「震災から5年目だからこそ、明るい話題の写真も多く展示しました。子どもたちも、熱心に見てくれたので、大船渡が復興を果たす未来へつながるきっかけになってほしい」と話しました。

一覧へ戻る