歴史学科 西洋史専攻

文学部

  • 湘南キャンパス湘南校舎

ヨーロッパとその関連地域から構成される西洋世界を、歴史的視点から多角的に学ぶことによって、幅広い知識を習得するとともに、思考力や判断力を養い、異文化の特質を正しく理解し、教育や文化をはじめ、さまざまな分野で国際的にも活躍できる優れた人材を育てます。

歴史学科 西洋史専攻ニュース

歴史学科 西洋史専攻の特色

イギリス・ドイツ・フランスと地中海世界を特色とする西洋史教育

西洋世界の中でもイギリス・ドイツ・フランスを中心とする西欧と地中海世界に重点を置いて、これらの国家や地域を科目名とする講義とゼミナールを開講。各国・地域ごとに複数の教員が担当し、教育内容の充実を図っています。


歴史的認識と批判的思考力を養う

「西洋史研究入門」に始まる基礎ゼミナールや各地域史・テーマ史ゼミナールでは、課題と主体的に取り組むことで批判的思考力を身に付け、真実を見極める歴史的認識を養います。


外国語能力の向上と異文化体験を重視する

歴史学習の基礎となる外国語の習得を重視。英語の他、ドイツ語、フランス語、スペイン語、ロシア語の中から一つを選択して学びます。

さらに、異文化社会としてのヨーロッパにじかに触れ、その特質を正しく理解することを目的として「ヨーロッパ・アメリカ実地研修」を実施しています。また、海外留学も積極的に支援しています。

東海大学ならではの教育システム

国際的な視野を育成