「第16回 海洋教育フォーラム 海洋考古学からみた海・船・人」を開催します

2015年11月20日

清水キャンパス・海洋学部では、11月28日(土)、清水テルサにて、日本船舶海洋工学会・海洋推進教育委員会主催となる「第16回海洋教育フォーラム:海洋考古学からみた海・船・人」を開催します。このフォーラムは、次世代を担う若者に海洋への関心を持ってもらうことを目的に、全国各地で開催されている講演会です。今回は、特色ある海洋学部の教育研究と関連付けて、海洋考古学をテーマにした初めての教育講演会となります。本学教員による海底遺跡について講演や海洋教育に関わる討論会「過去から未来へ―超科学的海洋教育の可能性―」を行います。ぜひご来場ください。

「第16回海洋教育フォーラム 海洋考古学からみた海・船・人」

【日時】
11月28日(土) 13:00 開場

【内容】
13:30 開会挨拶 日本船舶海洋工学会海洋教育推進委員会 小林正典委員長
13:45 講演1「人と海の生き物の考古学」 丸山真史講師(海洋学部海洋文明学科)
14:15 講演2「水中ロボットによる海底遺跡調査と教育活動」 坂上憲光准教授(海洋学部航海工学科)
15:00 講演3「沈船遺跡と海底ミュージアム構想の可能性」 小野林太郎准教授(海洋学部海洋文明学科)
15:30 講演4「水中戦跡とユネスコ」木村淳講師(海洋学部海洋文明学科)
16:15 総合討論「過去から未来へ―超科学的海洋教育の可能性―」
    司会:川崎一平教授(海洋学部海洋文明学科)
    パネリスト:丸山講師、小野准教授、木村講師、伊藤芳英氏教授(東海大学海洋科学博物館)

【会場】
静岡市東部勤労者福祉センター「清水テルサ」7F会議室A・B
(静岡県静岡市清水区島崎町223)

【交通】
JR清水駅下車、みなと口より徒歩約5分、静鉄新清水駅下車、徒歩約7分。

【参加費】
無料

【お申し込み】
11月26日(木)までに下記のURLよりお申し込み下さい
https://eihan.com/mecc_shizuoka/

【定員】
100名(先着順)

【お問い合わせ】
海洋学部海洋文明学科事務室
TEL:054-337-0950

【主催】
日本船舶海洋工学会 海洋推進教育委員会

【共催】
東海大学海洋学部

【後援】
静岡市教育委員会・教育新聞社

一覧へ戻る