医学部看護学科の吉川隆博准教授が「重度かつ慢性の精神障害者に対する包括的支援に関する政策研究」の成果を発表します

2019年01月21日

医学部看護学科の吉川隆博准教授が3月10日(日)にフクラシア東京ステーション(千代田区大手町)で開催される「厚生労働科学研究 研究成果報告会」で、精神障害者の地域ケア体制に関する研究成果を発表します。本報告会は、「平成29-30年度厚生労働科学研究補助金(障害者政策総合研究事業・精神障害分野)『重度かつ慢性の精神障害者に対する包括的支援に関する政策研究』」の5つの研究班が合同で開催するものです。吉川准教授が研究代表を務める「地域ケア体制研究班」の成果は、地域や医療機関などでより充実した精神医療・看護を展開していくための重要な政策提言として位置づけられます。

本報告会は、職種を問わず精神障害者の支援に関心のある方が対象です。定員は120名(先着順)で、受講料は無料。ご希望の方は下記「お申し込み方法」に添ってお手続きください。皆さまのご来場をお待ち申し上げております。

◎厚生労働科学研究 研究成果報告会「重度かつ慢性の精神障害者に対する包括的支援」

【日 時】
3月10日(日) 13:00~16:30 

【場 所】
フクラシア東京ステーション5F 会議室D
東京都千代田区大手町2-6-1 朝日生命大手町ビル
https://fukuracia.jp/tokyo/access/

【アクセス】
JR東京駅、地下鉄(東京メトロ・都営地下鉄)大手町駅から地下直結
JR東京駅・日本橋口から徒歩1分

【プログラム】
12:30 受付開始
13:00 開会あいさつ
13:05 「重度かつ慢性の精神障害者に対する包括的支援に関する政策研究の全体像」
研究代表者:安西信雄(帝京平成大学大学院臨床心理学研究科)
13:40 「薬物療法研究班の研究成果と実践ガイドについて」
研究代表者:宮田量治(地方独立行政法人山梨県立病院機構山梨県立北病院)
14:15 「クロザピン使用指針研究班の研究成果と実践ガイドについて」
研究代表者:木田直也(独立行政法人国立病院機構琉球病院)
14:50 休憩
15:00 「心理社会的治療/方策研究班の研究成果と実践ガイドについて」
研究代表者:岩田和彦(地方独立行政法人大阪府立病院機構大阪精神医療センター)
15:35 「地域ケア体制研究班の研究成果と実践ガイドについて」
研究代表者:吉川隆博(東海大学医学部看護学科)
16:10  全体での質疑&意見交換
16:30  閉会あいさつ

【定 員】
120名(先着順)

【受講料】
無料

【お申し込み方法】
①お名前、②フリガナ、③所属施設、④職種を下記のメールアドレス宛にお送りください。
Eメールアドレス:kakentokai01@gmail.com(※01は数字です)

※詳細はこちらをご覧ください。

一覧へ戻る