井上 詠

井上 詠

イノウエ ナガム

  • 准教授
  • 学位:博士(医学)

基本情報

所属

  • 国際学部
  • 医学部 / 医学科

詳細情報

研究分野

  • ライフサイエンス 内科学一般

論文

新しい脂肪肝指数Fatty liver index(FLI)による特定健診項目を用いた脂肪肝予測の検討

人間ドック・健診で発見された無症候性胃アニサキス症例の検討 診療での発見例との比較

メタボリック関連性脂肪肝(MAFLD)と糖尿病による,無症候性動脈硬化への影響

非アルコール性脂肪肝が体組成に及ぼす影響

肥満型の非アルコール性脂肪肝(NAFLD)が体組成に及ぼす影響

当センターにおける禁煙支援の現状の検証

当センターにおける禁煙支援の現状の検証

中等量の飲酒は非アルコール性脂肪肝において肝線維化と相関する

難治性潰瘍性大腸炎に対するシクロスポリン持続静注療法の使用意義

難治性潰瘍性大腸炎に対するシクロスポリン持続静注療法の使用意義

Pancreatic Fat Content may Increase the Risk of Imaging Progression in Low Risk Branch Duct Intraductal Papillary Mucinous Neoplasm.

講演・口頭発表等

  • 炎症性腸疾患における腸間膜リンパ節樹状細胞の解析
  • 炎症性腸疾患における腸間膜リンパ節樹状細胞の解析
  • 潰瘍性大腸炎の炎症粘膜上皮におけるNF-κB活性化機構の解析
  • 潰瘍性大腸炎の炎症粘膜上皮におけるNF-κB活性化機構の解析
  • 潰瘍性大腸炎の炎症粘膜上皮におけるNF-κB活性化機構の解析
  • Endscope activity index is useful for choice of treatment and evaluation of therapeutic effect in ulcerative colitis
  • Endscope activity index is useful for choice of treatment and evaluation of therapeutic effect in ulcerative colitis
  • Endscope activity index is useful for choice of treatment and evaluation of therapeutic effect in ulcerative colitis
  • Sulfasalazine投与にて著明な肝機能の改善を認めた原発性硬化性胆管炎の1例
  • Sulfasalazine投与にて著明な肝機能の改善を認めた原発性硬化性胆管炎の1例
  • Phenotypic and functional analysis of dendritic cells isolated from the mesenteric lymph nodes of inflammatory dowel disease
  • Phenotypic and Functional Analysis of Dendritic Cells Isolated From The Mesenteric Lymph Nodes of Inflammatory Dowel Disease
  • The up-regulation of osteopntin and its pathogenetic role in Crohn's disease
  • The effects of atorvastatin for epithelial cells and ulcerative colitis
  • The Up-Regulation of Osteopntin and Its Pathogenetic Role in Crohn's Disease
  • The Effects of Atorvastatin For Epithelial Cells and Ulcerative Colitis
  • Aminosalicylates inhibit cyclooxygenase-2 through suppression of NF-kB activity and have a potency to suppress the carcinogenesis in ulcerative colitis
  • Aminosalicylates Inhibit Cyclooxygenase-2 Through Suppression of NF-kB Activity and Have A Potency to Suppress The Carcinogenesis in Ulcerative Colitis
  • Aminosalicylates Inhibit Cyclooxygenase-2 Through Suppression of NF-kB Activity and Have A Potency to Suppress The Carcinogenesis in Ulcerative Colitis
  • T-bet is indispensable for intestinal inflammation of Crohn's disease

共同研究・競争的資金等の研究課題

AIを用いた大腸がんリスク評価法の確立-次世代型検診の開発にむけて

重症潰瘍性大腸炎に対する治療戦略-組織標的プロテオミクス解析による治療効果予測

クローン病の病態における細胞内寄生細菌に対するオートファジー機能異常の重要性

潰瘍性大腸炎合併大腸癌に対するp53抗体を用いた新しいサーベイランス法の確立

細胞内細菌処理機構からみた腸管粘膜免疫システムの解明と炎症性腸疾患治療への応用

腸炎モデルマウスを用いた腸炎発症におけるヒト腸内フローラの関与の追究

潰瘍性大腸炎合併大腸癌に対する新しいサーベイランス法の確立-抗p53抗体の有用性

患者由来末梢血幹細胞の移入による新しいCrohn病モデルマウスの開発

免疫グロブリン可変領域遺伝子よりみた潰瘍性大腸炎病変粘膜内自己抗体産生細胞の特性

クローン病類似大腸炎モデルの作製と_CD4による新たな治療法の開発

クローン病の大腸炎症局所湿潤T細胞の抗原受容体β鎖可変領域遺伝子再構成の検討

ResearchMapへ移動します

お問い合わせ先

取材に関するお問い合わせ

学長室(広報担当)

Tel. 0463-63-4670(直通)


その他お問い合わせ