木村 穣

木村 穣

キムラ ミノル

  • 教授
  • 学位:理学博士

基本情報

所属

  • 医学部 / 医学科
  • 総合医学研究所

主要授業担当科目

  • 分子と細胞の医学
  • 医科学研究序論
  • 分子細胞生物学特講
  • 発生工学1
  • 発生工学実習1
  • 発生工学2

ジャンル

  • 生命倫理
  • がん治療
  • 環境技術
  • バイオテクノロジー

研究と関連するSDGs

  • すべての人に健康と福祉を
  • 質の高い教育をみんなに
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • つくる責任つかう責任

研究内容

ヒト疾患の発症機構の解明と遺伝子操作マウスの開発

遺伝子DNAの情報は生物種により異なるが、化学物資としては同一である。ヒトの病気はがんを含めてその多くが遺伝子の変化や変化した遺伝子の発現量の違いによって生じていることが分かりつつある。我々は発生工学の技術によりヒトの遺伝子をもつマウスや遺伝子に変化を生じたマウスを作製してきている。これらを用いヒトの病気の発症機構を解明し、同時に診断法や治療法を開発する研究を行なっている。

詳細情報

研究キーワード

  • 実験動物学
  • 分子生物学
  • 発生生物学

研究分野

  • ライフサイエンス 発生生物学
  • ライフサイエンス 分子生物学
  • ライフサイエンス 実験動物学

論文

New PCNT candidate missense variant in a patient with oral and maxillofacial osteodysplasia: a case report.

Alopecia areata susceptibility variant identified by MHC risk haplotype sequencing reproduces symptomatic patched hair loss in mice.

Identification of a novel HLA-C allele, HLA-C*03:313, in a Japanese individual.

Development of one electrode type pH sensor measuring in microscopic region

Opioid Growth Factor Receptor-Like 1; a Novel Bone Marrow Cells-Derived Factor That Accelerates Regeneration of Murine Fibrotic Liver

Genome-wide linkage and exome analyses identify variants of HMCN1 for splenic epidermoid cyst.

所属学会

  • 日本遺伝学会
  • 日本生化学会
  • 日本実験動物学会
  • 日本発生生物学会
  • 日本分子生物学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

遺伝子操作マウスを用いた個体レベルでの遺伝子機能の解析

遺伝子改変マウスの開発

ヒト疾患病態モデルマウスの開発

マウス受精卵における遺伝子発現の調節

ResearchMapへ移動します

取材・研究に関するお問い合わせ先

取材に関するお問い合わせ

大学広報部企画広報課

Tel. 0463-58-1211(代表) Fax. 0463-50-2215