安田 佳代

安田 佳代

ヤスダ カヨ

  • 講師
  • 学位:博士(医学)

基本情報

所属

  • 健康学部 / 健康マネジメント学科
  • マイクロ・ナノ研究開発センター

ジャンル

  • 生活習慣病

研究と関連するSDGs

  • すべての人に健康と福祉を

研究内容

「健康」を分子レベルで科学する

ヒトの健康の維持・増進や長寿実現のためには栄養と運動が重要な要素となっている。これからは分子メカニズムを基盤とした科学的な証拠(エビデンス)が重要であるため、実験動物を使った基礎研究から、健康の維持・増進、抗加齢に必要な物質(食品)を特定しその分子メカニズムの解明を行う。そしてヒト介入研究から個人の健康の維持・増進や長寿実現に最適な栄養と運動の指標を構築することを目指している。

「健康」を分子レベルで科学する

詳細情報

研究キーワード

  • 機能性食品
  • ミトコンドリア
  • 酸化ストレス
  • 老化
  • C.elegans

研究分野

  • ライフサイエンス 細胞生物学 ミトコンドリア
  • ライフサイエンス 医化学 エネルギー代謝

論文

Small-Scale Colorimetric Assays of Intracellular Lactate and Pyruvate in the Nematode Caenorhabditis elegans.

Impaired p53/CEP-1 is associated with lifespan extension through an age-related imbalance in the energy metabolism of C. elegans.

Model animals for the study of oxidative stress from complex II.

講演・口頭発表等

  • 糸状菌由来物質の抗酸化活性と線虫の寿命延長効果
  • 健康寿命の延伸に向けた生薬及び漢方薬の評価
  • 抗老化を目指した人参湯類の漢方薬の評価
  • 抗老化を目指した生薬及び漢方薬の評価
  • 電子伝達系異常酸化ストレスによる自然免疫応答と大細胞肺がん
  • 抗老化を目指した生薬及び漢方薬の評価
  • 酸化ストレス依存的な自然免疫応答の慢性化を伴う非小細胞肺がんの発癌機序
  • 線虫C.elegansを用いた加齢とともに生じる個体差の解析
  • 酸化ストレス下における転写因子MXL‐3の機能
  • 線虫C.elegansのMXL‐3転写因子の酸化ストレス応答
  • センチュウ(C.エレガンス)による漢方薬の機能評価
  • 線虫における放射線ホルミシスと酸素効果
  • Type‐1 Fiber萎縮に関わる血流と遺伝子発現動態の解析と特徴
  • ミトコンドリア複合体II電子伝達異常に伴う組織間質への加齢依存的リンパ球浸潤の亢進
  • 酸化ストレスと老化のモデル研究
  • 線虫C.elegansのMXL‐3転写因子の酸化ストレス応答
  • 造腫瘍性SDHC変異モデルマウスでの加齢依存的炎症応答の解析
  • ミトコンドリア電子伝達系傷害に伴う慢性的酸化ストレス負荷による脳内グリア環境の加齢変化
  • 廃用性筋萎縮モデルにおける遺伝子発現の経時的変化と血流動態との関係
  • ミトコンドリア複合体II電子伝達異常に起因する酸化ストレスと生体の加齢変容

所属学会

  • 日本分子生物学会
  • 日本基礎老化学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

転写因子MXL-3による酸化ストレス応答と栄養シグナルの統合機構の解明

線虫における蛍光法を使ったミトコンドリアを中心とする個体差解析の開発

加齢とともに生じる個体差を識別するためのシステムの開発

ResearchMapへ移動します

取材・研究に関するお問い合わせ先

取材に関するお問い合わせ

大学広報部企画広報課

Tel. 0463-58-1211(代表) Fax. 0463-50-2215