岡本 智伸

岡本 智伸

オカモト チノブ

  • 教授
  • 学位:博士(農学)

基本情報

所属

  • 農学部 / 応用動物科学科
  • 生物科学研究科 / 生物科学専攻
  • 農学研究科 / 農学専攻

ジャンル

  • 農林
  • 生物・動植物

研究と関連するSDGs

  • 飢餓をゼロに
  • 働きがいも経済成長も
  • つくる責任つかう責任
  • 陸の豊かさも守ろう

研究内容

生態系サービス概念に基づく持続的テロワール型牧畜

地域の持続的発展を目指し,地域生物資源(野草地)を活用した,地域の風土(環境)と調和する牧畜システムを研究している。ここで生産される乳,肉,毛などには地域固有(テロワール)な価値が付加される。また本システムは生物多様性の維持にも寄与すると同時に,自然災害などへの高いレジリエンシーも有する。一方、豊かな生物多様性の草原で放牧される動物は,本来の行動を高い水準で発現できるため,動物福祉の側面からも評価される。さらには,その地域文化にある伝統的生態学的知識を現代に応用することは地域の生産者の誇りにもつながる。

詳細情報

研究キーワード

  • 草地生態学

研究分野

  • 環境・農学 ランドスケープ科学
  • 環境・農学 環境農学
  • ライフサイエンス 動物生産科学
  • ライフサイエンス 動物生産科学
  • ライフサイエンス 生態学、環境学

書籍等出版物

  • 草地科学実験・調査法,第9章.草地植生の組成と構造に関する調査法
  • 博物館実習マニュアル第4章.実習の基礎作業,3-2.哺乳類

所属学会

  • 日本生態学会
  • 植生学会
  • 日本水環境学会
  • 西日本畜産学会
  • 日本草地学会

Works(作品等)

阿蘇地方における半自然草地の生態学的調査

熊本県江津湖における水辺植生の生態学的調査

共同研究・競争的資金等の研究課題

阿蘇半自然草原における微環境および家畜の植生利用が植物種多様性に作用する要因

ResearchMapへ移動します

取材・研究に関するお問い合わせ先

取材に関するお問い合わせ

大学広報部企画広報課

Tel. 0463-58-1211(代表) Fax. 0463-50-2215