小野 政輝

小野 政輝

オノ マサテル

  • 教授
  • 学位:薬学博士

基本情報

所属

  • 農学部 / 食生命科学科
  • 農学部 / バイオサイエンス学科
  • 生物科学研究科 / 生物科学専攻
  • 農学研究科 / 農学専攻

研究と関連するSDGs

  • すべての人に健康と福祉を

研究内容

特定保健用食品ならびに医薬品の種を探す

近年、食品に含まれる生物活性成分が注目されており、食品による各種疾病の予防が研究されています。また、それらの成分を用いた多種多様の特定保健用食品が開発されてきています。そこで、当研究室では野菜や果物、薬草などの有用植物に含まれる未知の有機化合物を純粋に分離後、それらの化学構造を最新の機器分析ならびに化学反応により決定し、さらに、それらの有する抗癌作用等の生物活性を明らかにする研究を行っています。

特定保健用食品ならびに医薬品の種を探す

詳細情報

研究キーワード

  • 機器分析
  • 天然物化学
  • 生物有機化学
  • 化学系薬学

研究分野

  • ライフサイエンス 薬系化学、創薬科学
  • ライフサイエンス 食品科学
  • ナノテク・材料 生物分子化学

受賞

  • 日本生薬学会 日本生薬学会学術貢献賞 樹脂配糖体に関する化学的研究
  • 平成14年度日本生薬学会学術奨励賞 蔓荊子をはじめとする諸生薬の機能性成分の探索研究
  • 松前重義賞学術部門

論文

ヒルガオの葉と茎の粗樹脂配糖体画分の構成有機酸と配糖酸の解明

ハリアサガオ種子中の2種の新規樹脂配糖体、muricatin XIIとXIIIの単離と構造

コヒルガオの樹脂配糖体 根茎に含まれる4種の新ヤラピンについて

Acetaminophen硫酸体の有機合成—Chemical Synthesis of Acetaminophen O-Sulfate

コヒルガオの樹脂配糖体 根茎に含まれる3種の新ヤラピンについて

A New Glycosidic Acid, Muricatic Acid D, and Resin Glycosides, Muricatins Ⅹ and Ⅺ, from the Crude Resin Glycoside Fraction of the Seeds of Ipomoea muricata

Effects of indole and indoxyl on the intracellular oxidation level and phagocytic activity of differentiated HL-60 human macrophage cells

Identification and characterization of organic and glycosidic acids in crude resin glycoside fraction from Calystegia hederaceae

Increased phenolic content and antioxidant capacity of the heated leaves of yacon (Smallanthus sonchifolius).

Two new cyclic sulfides, onionins B1 and B2, from onion

書籍等出版物

  • 生薬・薬用植物研究の最新動向

講演・口頭発表等

  • ヒルガオの樹脂配糖体に関する研究(2)
  • コヒルガオの樹脂配糖体(5)根茎に含まれる4種の新ヤラピンについて
  • ヒルガオの樹脂配糖体に関する研究(1)
  • U937ヒト分化マクロファージの細胞内酸化レベルと貪食能に及ぼす硫酸化代謝物Indoxyl Sulfateの影響
  • ハリアサガオ樹脂配糖体がHL-60ヒト白血病細胞に及ぼす増殖抑制作用
  • ヒトマクロファージ細胞モデルを用いた貪食作用に及ぼす尿毒素インドキシル硫酸の影響
  • 日本における4つの栽培品種とペルー系統のヤーコン葉を用いたポリフェノール含量、抗酸化作用および糖類分解酵素阻害作用の4年にわたる調査
  • コヒルガオの樹脂配糖体(4)根茎に含まれる3種の新樹脂配糖体の構造について
  • Acetaminophen硫酸体の合成と真正性の検証
  • コヒルガオの樹脂配糖体(3)根茎に含まれる3種の新ヤラピンについて
  • Acetaminophen硫酸体合成法の検討
  • ヒトマクロファージ細胞モデルを用いた尿毒素インドキシル硫酸の細胞内酸化レベルに及ぼす影響.
  • ハリアサガオ種子の粗樹脂配糖体画分の1種の新構成配糖酸および2種の新樹脂配糖体の単離と構造解明
  • コヒルガオ全草の樹脂配糖体画分の4種の新構成配糖酸の構造解明
  • 異なる登録品種のヤーコン葉部における抗酸化活性と糖類分解酵素阻害活性の比較:多変量解析による特徴付け
  • Hydroquinoneの強力な抗酸化活性と硫酸化代謝物との比較
  • ヒトマクロファージ細胞モデルにおける細胞内酸化レベルおよび貪食能に及ぼす尿毒素Indoxyl Sulfateの役割
  • ひご野菜のORAC法に基づく親油性および親水性画分の調製と抗酸化力の評価
  • Garlicの主要Sulfidesの抗腫瘍作用とOnion、および黒ニンニク中の新規Sulfidesについて
  • コヒルガオの樹脂配糖体に関する研究(1)

所属学会

  • 日本生薬学会
  • 日本薬学会

Works(作品等)

トマトに含まれる機能性物質の分析(リコピン等)

化粧品素材のヒアルロニダーゼ阻害効果に関する研究

カチオン化セルロースの定量法の開発

馬油の抗酸化活性に関する研究

共同研究・競争的資金等の研究課題

硫酸化代謝の生理的意義に関する研究:フェノール性硫酸体の合成と機能評価

樹脂配糖体を先導化合物とする瀉下剤開発のための基礎研究

樹脂配糖体をシーズとする創薬を目指した基礎研究

ミトコンドリア機能異常を指標とした新規生活習慣病予防食品の開発

食用植物の多岐に亘る生理機能性の分子レベルでの解明

食用果実成分の多岐に亘る生理機能性の解明

野生種の交雑によるブルーベリー果実の機能性改善と品種改良に関する研究

活性酸素種消去を作用機序とする天然抗I型アレルギー物質の探索

天然素材を起源とする抗酸化物質の単離と構造研究

ケンゴ子およびハリアサガオ種子の樹脂配糖体の単離と構造

産業財産権

  • ツルボの抗炎症及び抗酸化作用成分の抽出,分離方法と当該方法により得られたツルボの抗炎症及び抗酸化作用成分材
  • スフィンゴシンを含有する昆虫病原糸状菌発芽促進剤
  • ツルボの抗炎症及び抗酸化作用成分の抽出,分離方法と当該方法により得られたツルボの抗炎症及び抗酸化作用成分材
  • スフィンゴシンを含有する昆虫病原糸状菌発芽促進剤
  • 糸状菌の発芽促進剤
  • 新規化合物
  • 新規化合物
  • プロポリスに含まれ、抗腫瘍作用、抗炎症作用、抗ウイルス作用、抗菌作用を有する新規物質を提供する

ResearchMapへ移動します

取材・研究に関するお問い合わせ先

取材に関するお問い合わせ

ビーワンオフィス(広報担当)

Tel. 0463-63-4670(直通)