酒井 大輔

酒井 大輔

サカイ ダイスケ

  • 准教授
  • 学位:博士(医学)

基本情報

所属

  • 医学部 / 医学科
  • 医学研究科 / 医科学専攻

ジャンル

  • 生活習慣病

研究と関連するSDGs

  • すべての人に健康と福祉を
  • 質の高い教育をみんなに
  • ジェンダー平等を実現しよう

研究内容

脊椎疾患に対する病態解明と再生医療の実現

脊椎疾患は先天性の問題から思春期を脅かす側弯症、壮年期に好発する椎間板ヘルニアやすべり症、高齢期に入ってからの腰部脊柱管狭窄症など、全世代的に発症、日常生活動作(Active Daily Life:ADL)や生活の質(Quality of Life:QOL)の維持を阻害する重要な健康問題である。脊椎疾患の主因の一つが椎間板の変性であり、研究者はそれまで不明なことが多かった椎間板変性の病態解明並びに治療法探索に従事し、インパクトの大きい数々の成果を挙げ、その分野の発展をリードしてきた。また研究で得られた知見を臨床現場に還元することにも尽力し、本邦初の椎間板再生医療の実施のほか側弯症の病態解明に取り組む。

脊椎疾患に対する病態解明と再生医療の実現

取材・研究に関するお問い合わせ先

取材に関するお問い合わせ

大学広報部企画広報課

Tel. 0463-58-1211(代表) Fax. 0463-50-2215