李 銀姫

李 銀姫

リ ギンキ

  • 准教授
  • 学位:博士(海洋科学)

基本情報

所属

  • 海洋学部 / 環境社会学科
  • 海洋学研究科 / 海洋学専攻

ジャンル

  • 漁業
  • 水産
  • 地域活性化

研究と関連するSDGs

  • 気候変動に具体的な対策を
  • 海の豊かさを守ろう
  • パートナーシップで目標を達成しよう

研究内容

新沿岸域管理のあり方:漁業から海業へ、漁業管理から沿岸域管理へ

かつては主に漁業の場として利用されていた沿岸域は、今ではレジャーの場、エネルギー開発の場等としてその利用が多様化・輻輳化しており、資源・環境問題、利用調整問題等がしばしば起きています。如何にして価値多様化する沿岸域資源を調和的に利用するか?如何にしてその利用を地域経済につなげるか?そのためにはどのような利用と管理の仕組みが必要か?それにおける沿岸地域社会の役割は何か?当研究室では国内外の事例研究を重ねながら、これらの問いに答えるための研究を行っています。

新沿岸域管理のあり方:漁業から海業へ、漁業管理から沿岸域管理へ

詳細情報

研究キーワード

  • 小規模漁業・沿岸漁業
  • 超学際研究
  • ブルー・ジャスティス
  • 北東アジア比較研究
  • 地球規模海洋変化への社会的対応策
  • 地域活性化
  • 沿岸域管理

研究分野

  • 人文・社会 地域研究
  • 環境・農学 環境政策、環境配慮型社会

委員歴

  • 国際一本釣り財団(International Pole & Line Foundation) 理事
  • ICES 海洋科学誌 編集委員
  • Too Big To Ignore(TBTI) Japan 研究ネットワーク コーディネーター
  • サクラエビ漁に係る情報連絡会 委員
  • Marine Socio-Ecological Systems 2020 Conference 科学委員会委員
  • 静岡市環境審議会 委員
  • 静岡海区漁業調整委員会 委員
  • 日本沿岸域学会 論文集編集委員会 委員
  • 海洋生物圏統合研究(IMBeR) 社会科学ワーキンググループメンバー
  • IMBeR 日中韓シンポジウム 2018 Scientific committee

受賞

  • 日本沿岸域学会 優秀講演賞 徳島県堂浦地区における釣り屋形業とルール化
  • 日本沿岸域学会 論文賞 海域使用管理法下の中国沿岸域管理の特徴と課題

論文

不確実な時代におけるガバナンス:日本のサクラエビ漁業を事例に

TBTI Japan 研究ネットワークの船出(TBTI Japan: Steering the Ship of Too Big To Ignore Japan Research Network)

ブルー・ジャスティス:ジャストスペースfor 小規模漁業 in 成長産業化(Blue Justice: “A Just Space” for Small-Scale Fisheries in “Seichosangyoka”)

小規模漁業の日加比較:特徴・政策・ガバナンス(Canada & Japan: Characteristics, Policies and Governance: Different but Similar)

小規模漁業の日韓比較:漁業権利構造と沿岸域管理(South Korea and Japan: Fishery Rights Structures and Their Influence on Coastal Governance)

「小」の意味:日本小規模漁業の概念・ガバナンス・役割・課題 (The Meaning of Small: Definition, Governance, Roles and Challenges of Japanese Small-Scale Fisheries)

A new role for fishermen’s side in Japan: Fisheries to Umigyo, fisheries governance to coastal governance

Social Responses to a Fishery-tourism Conflict in Onna Village, Okinawa, Japan

海洋教育における漁協の取り組みと機能をめぐって―愛知県東幡豆漁協を事例に―

「由比桜えび」ブランド化戦略の実態と課題

石垣島におけるものづくりを通した海洋環境教室

沿岸域の重層的ガバナンスとノンガバメントセクターの役割

「銚子つりきんめ」のブランド化戦略

新潟県における水産物ブランド化推進支援戦略の実態と課題

千葉県における水産物ブランド認定制度の実態と課題

沿岸域のワイズユースとルール化―現状と課題―

沿岸域管理における海域利用権利のあり方に関する日中比較研究

中国における海域利用権利の法的規定をめぐる諸問題

海域使用管理法下の中国沿岸域管理の特徴と課題--山東省青島市を事例として

書籍等出版物

  • 日本における小規模漁業の法的・政策的枠組みの解明(Unlocking legal and policy frameworks for small-scale fisheries in Japan)
  • 大変化時代を生きる日本小規模漁業 (In the Era of Big Change -Essays about Japanese small-scale fisheries)
  • Sakura Shrimp,Small-Scale Fisheries in Suruga Bay, Japan
  • 育みの海-東幡豆今昔紀行
  • 東幡豆漁協による環境教育の取組みとその可能性

講演・口頭発表等

  • 日本の小規模漁業に関する懸念
  • 漁する女子ジャパン (日本・カナダ姉妹プログラム)
  • 現場の声
  • SDG14とグローバル・パートナーシップ
  • 「水面下の生命」のために 「水面上の生命」を守ると は何か?
  • When a problem gets wicked, adjust your lens: the TD lens for sakura shrimp fishery, Japan
  • Sakura Shrimp fishery in Japan
  • Big challenges for small-scale aquaculture in the new era of fisheries policy in Japan
  • Social responses to the “2018 issue” of Sakura shrimp fishery in Japan: Natural or anthropogenic? Japan or Taiwan?
  • A New Role for Fishermen’s side in Japan:Fisheries to Umigyo, Fisheries Governance to Coastal Governance
  • Introduction of IMBeR HDWG and IMBeR-ADApT
  • Potentiality of IMBeR-ADApT framework for coastal governance in Northeast Asian Seas
  • 沿岸域における「コモンズ」の劣化と再生-宮城県漁協戸倉出張所による漁場利用適正化の取組を事例に-
  • 漁業権利構造の実態とそれが沿岸域管理に及ぼす影響に関する日韓比較研究
  • The new concept of coastal governance in the era of Umigyo in Japan
  • Exploring theoretical ideas of value from social science around branding: insights from branding activities of fishery products in Japan

担当経験のある科目

  • World Fisheries
  • アジア海洋政策論
  • 海洋政策論
  • 沿岸域管理特論
  • 社会調査の技法と実際
  • 環境ビジネス論
  • 海の環境教育実習
  • 環境政策と経済
  • 海洋総合管理特論

所属学会

  • 日本沿岸域学会
  • Too Big To Ignore: Global Partnership for Small-Scale Fisheries Research(TBTI)
  • 漁業経済学会
  • 日本水産学会
  • 日本海洋政策学会
  • 国際漁業学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

Vulnerability to Viability (V2V): Global Partnership for Building Strong Small-Scale Fisheries Communities in Asia and Africa

地球規模の海洋変化に対する社会的対応策のあり方に関する研究:北東アジアを中心に

ResearchMapへ移動します

取材・研究に関するお問い合わせ先

取材に関するお問い合わせ

大学広報部企画広報課

Tel. 0463-58-1211(代表) Fax. 0463-50-2215