大津 克哉

大津 克哉

オオツ カツヤ

  • 准教授
  • 学位:修士(体育学)

基本情報

所属

  • 体育学部 / スポーツ・レジャーマネジメント学科

ジャンル

  • 地球環境
  • 省エネ・エコ
  • オリンピック

研究と関連するSDGs

  • 質の高い教育をみんなに
  • 気候変動に具体的な対策を
  • 平和と公正をすべての人に

研究内容

国際オリンピック委員会による環境問題への取り組みの経緯と効果

IOCは1990年代初頭から「スポーツ」、「文化」に続いて「環境」をオリンピズムの3本柱とし、スポーツ競技団体の社会的責任として地球環境への最大限の配慮のもとでオリンピック競技大会を行うことを公表した。それ以降オリンピック競技大会の開催に伴うコスト面や地球環境に対する各種の影響についての検討がなされ、大会の規模やコストを削減し運営の簡素化を図ることを提言している。しかし、環境保全は終わりのない活動と言われるほど、将来にわたって気を長く持ち、忍耐力、継続力の必要な活動ゆえに、その成果がどこまで実を結んでいるのかという点については依然捗々しい成果が得られているとは言えない。
一方、現行の高等学校学習指導要領 保健体育科の体育編「体育理論」では、新たに「スポーツと環境」が取り扱われることになった。しかし、体育・スポーツの分野では、「スポーツと環境」との関連性に関する研究がこれまでほとんど為されていない。そこで、近年、スポーツ界でも徐々に見られるようになったエコ活動の推進について、それら実践を支える理論根拠を明確にする必要があると考える。

詳細情報

研究分野

  • 人文・社会 教育学

ResearchMapへ移動します

取材・研究に関するお問い合わせ先

取材に関するお問い合わせ

大学広報部企画広報課

Tel. 0463-58-1211(代表) Fax. 0463-50-2215