木村 啓志

木村 啓志

キムラ ヒロシ

  • 准教授
  • 学位:博士(工学)

基本情報

所属

  • 工学部 / 機械工学科
  • 総合理工学研究科 / 総合理工学専攻
  • 工学研究科 / 機械工学専攻
  • マイクロ・ナノ研究開発センター

ジャンル

  • バイオテクノロジー

研究と関連するSDGs

  • すべての人に健康と福祉を
  • つくる責任つかう責任

研究内容

医療・創薬のための生体模倣システムの開発

当研究室では、マイクロ・ナノデバイス技術を医療・バイオ分野と融合させることで新しい研究分野や産業を創出することを目指している。これまでに、微細加工技術を活用してマイクロシステムを開発し、小さな空間で細胞や生体分子を取り扱うことによって生体機能の再構築や生命現象の解明を実現している。機械と生物という一見相容れないもの同士を巧みに組み合わせたシステムの創成によって、医療応用への利便性を向上させることが可能である。

医療・創薬のための生体模倣システムの開発

詳細情報

研究キーワード

  • MicroTAS
  • 生体模倣システム
  • バイオMEMS
  • マイクロ流体デバイス
  • マイクロナノデバイス
  • バイオエンジニアリング

研究分野

  • ナノテク・材料 ナノマイクロシステム

受賞

  • 学校法人 東海大学 松前重義学術奨励賞

論文

Measurement and modelling of tensile moduli of polymer blend thin films with phase separated structures.

In vitro spermatogenesis in two‐dimensionally spread mouse testis tissues

Elucidation of isoflurane action mechanism on surgical diabetes using microfluidic device

Comprehensive analysis of chromatin signature and transcriptome uncovers functional lncRNAs expressed in nephron progenitor cells

Quantitative analysis of sensitivity to a Wnt3a gradient in determination of the pole-to-pole axis of mitotic cells by using a microfluidic device.

講演・口頭発表等

  • Elucidation of isoflurane action mechanism on surgical diabetes using microfluidic device
  • 3Dプリンタで製作したマイクロ流体デバイスを用いる生体機能チップのモジュール化
  • マイクロ流体デバイス内への設置を目的とした血中循環腫瘍細胞用薄膜pH電極の高機能化
  • 生分解性ディスクの創製と高せん断応力下における血栓部位への接着挙動
  • グルコースセンサ集積型マイクロ流体デバイスを用いた細胞動態オンライン計測
  • マイクロ流体デバイスを用いたIn Vitro精巣組織培養法の改良
  • シリコン樹脂カバーを併用した精巣組織培養法による精子形成効率の向上
  • 肺がん検出用アセトン測定センサの開発
  • 老化メカニズム解明に向けた線虫動態定量化のためのマイクロ流体デバイスの構築
  • 細胞培養環境の恒常性維持に向けた透析膜集積型デバイスの開発
  • マイクロ流体デバイス技術を基盤とするOrgan / Body-on-chips
  • 眼病予防を指向したルテイン内包高分子超薄膜の調製と機能評価
  • マイクロ流体デバイス内血中循環腫瘍細胞用薄膜pH電極の高機能化
  • Development of multi-organs-on-a-chip mimicking physiological parameters: Evaluation of the function using prodrug CPT-11
  • 生理学的パラメータを再現するOrgans-on-a-chipデバイスの構築
  • 高次in vitro薬効毒性評価を実現するTubule-on-a-chipの開発
  • 肝小葉のZonationに着目した肝臓構築のための基盤整備
  • 埋め込み境界法を用いた腎臓結石の流動解析
  • マイクロ流体プローブ集積型デバイスを用いた局所刺激に対する細胞応答評価
  • インクジェット技術を用いた細胞培養用ゲル基板のパターニング

所属学会

  • 計測自動制御学会
  • 電気学会
  • 化学とマイクロ・ナノシステム学会
  • 日本機械学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

ルードヴィッヒ・ソレー効果を応用した水素同位体分離法の検証

ALS2分子ネットワーク異常に着眼した上位運動ニューロン変性メカニズムの解明

配偶子インテグリティの構築

高インテグリティを実現するin vitro精子産生系の開発

生理学的パラメータを模倣した機能集積型Body-on-a-chipの構築

創薬における高次in vitro評価系としてのKidney-on-a-chipの開発

生理学的パラメータを模倣した機能集積型Body-on-a-chipの構築

in vitroにおいて継続的に精子を産生する新規培養系の開発

ヒトiPS細胞を用いたオンチップ型肝小葉シミュレータの開発と創薬への応用

受胎率向上を目指す体外受精卵培養マイクロシステムの開発

新規血管再生促進性培養細胞移植による脳梗塞治療法の開発

細胞間相互作用の解明に向けたマイクロ流体プローブ集積型アッセイツールの構築

初期胚細胞コミュニティーにおける遺伝子と細胞の挙動の解析

オンチップ肝代謝モデルデバイスの構築

マイクロ流体技術を応用した哺乳類胚アッセイプラットフォームの構築

"オンチップ人体"を目指す複数臓器細胞集積型マイクロシステムの創成

産業財産権

  • 細胞培養装置
  • 水素同位体を含む水の分離方法
  • 生物学的対象物の分化制御方法及びその装置
  • 組織片の機能を発現・維持する方法および組織片培養デバイス
  • 受精卵培養装置、受精卵培養方法
  • 物質分布制御方法、デバイス、細胞培養方法、細胞分化制御方法
  • 細胞培養用基膜、細胞培養用基材、及び細胞培養用基材の製造方法
  • 細胞培養用基膜、細胞培養用基材、及び細胞培養用基材の製造方法
  • 生物学的対象物の分化制御方法及びその装置
  • 細胞培養用基膜、細胞培養用基材、及び細胞培養用基材の製造方法
  • 受精卵培養装置、受精卵培養方法
  • 物質分布制御方法、デバイス、細胞培養方法、細胞分化制御方法
  • 粒子を操作する方法及びマイクロ流体装置

ResearchMapへ移動します

取材・研究に関するお問い合わせ先

取材に関するお問い合わせ

大学広報部企画広報課

Tel. 0463-58-1211(代表) Fax. 0463-50-2215