金森 審子

金森 審子

カナモリ アキコ

  • 教授
  • 学位:理学博士

基本情報

所属

  • 工学部 / 生物工学科
  • 工学部 / 生命化学科
  • 工学研究科 / 応用理化学専攻

詳細情報

研究キーワード

  • 糖化ストレス
  • 酸化ストレス
  • 抗酸化作用
  • 転移
  • 細胞接着
  • シアル酸
  • 糖鎖

研究分野

  • ライフサイエンス 機能生物化学
  • ライフサイエンス 構造生物化学

委員歴

  • GlycoTokyo 幹事会員
  • 日本糖質学会 評議員

論文

接着分子・共刺激分子 セレクチンのリガンドとその意義

書籍等出版物

  • Cyclic sialic acid: a new regulatory mechanism of selectin ligand activity,In: Y. Inoue, Y. C. Lee and F. A. Troy (eds.), Sialobiology and Other Novel Formsof Glycosylation, 37-43

講演・口頭発表等

  • セレノグルタチオンの添加がもたらすグリオキサラーゼ1発現抑制細胞の糖化・酸化ストレス抵抗性の回復効果
  • γ-グルタミルトランスフェラーゼによる分解に抵抗性を有する単糖修飾グルタチオン誘導体のデザインと応用
  • 老化抑制遺伝子の発現量減少による細胞の酸化ストレス抵抗性の低下にセレノグルタチオンがもたらす回復効果
  • グリオキサラーゼ1発現抑制細胞の生存率低下に対するセレノグルタチオンの回復効果
  • グリオキサラーゼ1発現量低下による細胞の糖化および酸化ストレス抵抗性の低下とセレノグルタチオンによる回復効果
  • セレノグルタチオンによるメチルグリオキサール濃度低減効果の解析
  • セレノグルタチオン添加による細胞の糖化および酸化ストレス抵抗性の向上
  • セレノグルタチオンの高い抗酸化力による細胞の糖化および酸化ストレス抵抗性の向上
  • セレノグルタチオン封入リポソーム添加による細胞の酸化ストレス抵抗性の向上
  • メチルグリオキサール無毒化への還元型セレノグルタチオンの抗酸化力の活用
  • 糖化ストレス制御への還元型セレノグルタチオンの抗酸化力の活用
  • γ-グルタミルトランスペプチダーゼによる分解を阻害するグルタチオン誘導体の設計
  • セレノグルタチオンの高還元力を利用したメチルグリオキサールの低減
  • セレノグルタチオン及びグルタチオンの反応性の解析
  • グルタチオン分子種を封入したナノリポソーム添加による細胞の酸化ストレス抵抗性の向上
  • 不活性型タンパク質のフォールディングへのグルタチオンとセレノグルタチオンの効果の比較
  • 不活性型タンパク質のフォールディング促進へのセレノグルタチオンの活用
  • セレノタンパク質Sep15によるフォールディングセンサータンパク質UGGT1の活性促進メカニズムの解析
  • フォールディングセンサータンパク質UGGT1の活性発現におけるSep15の寄与
  • CD44バリアントフォーム上の糖鎖とセレクチンの結合が細胞接着に及ぼす影響の解析

担当経験のある科目

  • 生物無機化学
  • 細胞生物学

所属学会

  • 日本メイラード学会
  • 日本免疫学会
  • 日本分子生物学会
  • 日本糖質学会
  • 日本生化学会
  • 日本癌学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

セレノシステイン導入によるレドックス制御関連酵素の反応性の向上と応用

Hypoxia Inducible Factorによる細胞接着の誘導機構の解明

Hypoxia inducible factorによる細胞接着の亢進機序の解明

新規なシアル酸修飾による細胞接着調節機構の解析

セレクチンと糖鎖を介した細胞接着の誘導と抑制に関わる転写調節と翻訳後調節の機構

シアル酸の新規修飾機構によるがん細胞の浸潤・転移の抑制

細胞接着分子の発現制御遺伝子の包括的評価によるがん血行性転移の予測診断法の研究

シアル酸の修飾による細胞接着活性調節機構の分子生物学的研究

白血球分化における細胞接着分子セレクチンの糖鎖リガンド発現の転写制御機構

新規なシアル酸修飾機構によるがん細胞の浸潤・転移の抑制の検討

細胞接着分子を利用したがんの血行性遠隔転移の早期予測診断法の研究

スフィンゴ糖脂質による細胞膜極性の形成機構と生物機能の発現

シアル酸のO-アセチル化修飾機構の解明とその生物学的意義づけ

生理活性分子ポリシアル酸・ポリKDN複合糖質の分布・機能及び開発に関する共同研究

新規に発見されたデアミノノイラミン酸(KDN)残基の微量検出プローブの開発

ResearchMapへ移動します

取材・研究に関するお問い合わせ先

取材に関するお問い合わせ

ビーワンオフィス(広報担当)

Tel. 0463-63-4670(直通)