河合 久仁子

河合 久仁子

カワイ クニコ

  • 教授
  • 学位:博士(理学)

基本情報

所属

  • 生物学部 / 生物学科
  • 生物学研究科 / 生物学専攻

研究と関連するSDGs

  • エネルギーをみんなに、そしてクリーンに
  • 気候変動に具体的な対策を
  • 陸の豊かさも守ろう

研究内容

コウモリ類の音声による長期モニタリング方法の確立とその応用

コウモリ類は飛翔性の哺乳類であり,大型のコウモリ類は種子散布者などとして,小コウモリ類は大量の昆虫類を捕食することなどで,生態系の維持に大きく貢献している.私は主に小型コウモリ類の分布特性と分類の研究に携わっている.具体的には,捕獲調査による分布域の把握, DNAレベルによる系統解析や集団構造の解明およびその結果に基づく分類の見直し,コウモリ類の音声の長期録音による活動パタンの調査,超小型GPSタグを用いたコウモリ類の行動圏の把握などうを行なっている.このように,常に最新の技術を駆使して様々な調査・研究に挑み、基礎的な情報を集めて保全に役立てることを目標としている.

詳細情報

研究分野

  • ライフサイエンス 多様性生物学、分類学
  • 環境・農学 生物資源保全学

論文

Taxonomic status of the barbastelles (Chiroptera:Vespertilionidae: Barbastella) from the Japanese archipelago and Kunashir Island

国後島の「ストルボフスキー生態観察路」の生物相概説

Zoogeography of Terrestrial Mammals on Kunashiri Island: Are There Arboreal Small Mammals on this Small Boreal Island?

Insights of the natural history of Pipistrellus endoi Imaizumi, 1959 from survey records in Miyagi Prefecture.

九州で初めて生息が確認されたニホンウサギコウモリPlecotus sacrimontisの生息状況,形態と音声の特徴および遺伝的変異

熊本県におけるクロホオヒゲコウモリMyotis pruinosusの生息初記録と外部形態・頭骨およびミトコンドリアCyt b遺伝子の変異について

DNA Barcoding and Molecular Phylogeny of Drosophila lini and Its Sibling Species

スミソニアン国立自然史博物館に収蔵されている日本産キタクビワコウモリEptesicus nilssonii標本の再発見

国後島で捕獲された白化型モモジロコウモリ(Myotis macrodactylus)

国後島のコウモリ相

北海道札幌市におけるクロオオアブラコウモリHypsugo alaschanicus(Bobrinskii, 1926)の新たな記録

幌加内町におけるコウモリ類の分布

北海道十勝平野におけるMyotisホオヒゲコウモリ属3種の日中ねぐら

対馬のコウモリ類

北海道チミケップ湖周辺の哺乳類相

書籍等出版物

  • The Wild Mammals of Japan
  • コウモリ識別ハンドブック改訂版
  • The Wild Mammals of Japan
  • コウモリのふしぎ (知りたい!サイエンス)
  • コウモリ識別ハンドブック

講演・口頭発表等

  • 日本と極東ロシアのコウモリ類
  • 日本と北方四島のこうもりたち
  • 北海道のコウモリ類とその保全について
  • 都会のコウモリ
  • Phylogeography of the Japanese pipistrelle (Pipistrellus abramus)
  • The conservation of microbats in the Ryukyu Archipelago
  • Ecology of Eastern barbastelle, Barbastella leucomelas, (Chiroptera) in Eastern Hokkaido, Japan
  • Molecular Phylogeography of Japanese and East Asian Bats.
  • How to distinguish between two sibling species, Myotis ikonnikovi and “Myoti gracilis”
  • DNAで探るコウモリの進化
  • Phylogenetic relationships among East Asian Vespertilionid Bats based on various molecular markers.
  • Phylogeography of bats in East Asia based on mitochondrial DNA sequences.

所属学会

  • 日本生態学会
  • 日本進化学会
  • 日本哺乳類学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

新潟県における森林性コウモリ類の生息調査と保全に関する研究

標本と文書資料を統合した博物学資料に基づく日本の哺乳類学黎明期の解読

海の上を飛ぶコウモリー流氷南限海域で発見された新たな生態

希少動物の保全モデルケースの確立-北海道小コウモリ類の分布特性から考える

北海道における森林依存性小コウモリ類の保全生物学的研究

ResearchMapへ移動します

取材・研究に関するお問い合わせ先

取材に関するお問い合わせ

大学広報部企画広報課

Tel. 0463-58-1211(代表) Fax. 0463-50-2215