鈴木 大

鈴木 大

スズキ ダイ

  • 講師
  • 学位:博士(理学)

基本情報

所属

  • 生物学部 / 生物学科
  • 生物学研究科 / 生物学専攻

ジャンル

  • 生物・動植物

研究と関連するSDGs

  • 海の豊かさを守ろう
  • 陸の豊かさも守ろう

研究内容

遺伝子解析に基づく,爬虫両棲類の進化史の解明

地球誕生以降,生命は長く,そして複雑な進化を遂げてきた.私は,遺伝子解析を用いて,爬虫類や両棲類といった動物群の進化の歴史解明を目指した研究を行なっている.その中でも,爬虫類のカメ類を対象とした研究を専攻している.また,近年,カメ類の多くの種において個体数の減少が起きており,絶滅が危惧されるものも少なくない.これらカメ類の保全についても,遺伝的な解析から貢献したいと考えている.

詳細情報

研究キーワード

  • 爬虫両棲類学
  • 分類学
  • 系統学

研究分野

  • ライフサイエンス 多様性生物学、分類学

委員歴

  • 日本爬虫両棲類学会 英文編集委員

論文

西表島崎山湾・網取湾におけるスノーケリングセンサスにより評価したアオウミガメChelonia mydasの個体群構造

保護物質が凍結乾燥乳酸菌の生菌数に及ぼす影響

抗酸化物質が凍結乾燥乳酸菌の生存率に及ぼす影響

凍結耐性を示すヌマエラビルの細胞組織変化及び飼育法に関する研究

保護物質が凍結乾燥乳酸菌の生菌数に及ぼす影響

高い凍結耐性を持つヌマエラビル(Ozobranchus jantseanus)の細胞組織変化

ヌマエラビルの凍結耐性

Taxonomic status of the soft-shell turtle populations in Japan: a molecular approach

ヌマエラビル(Ozobranchus jantseanus)における耐凍性

書籍等出版物

  • 九州・奄美・沖縄の両生爬虫類: カエルやヘビのことをもっと知ろう
  • 学研の図鑑LIVE 爬虫類・両生類
  • アゴヒゲトカゲ百科事典

講演・口頭発表等

  • 日本産カメ類の未来
  • Phylogeographic studies about the freshwater turtles in the Japanese main islands
  • 日本のカメ類の起源と遺伝子
  • は虫類両生類がお仕事な人たちの話
  • Interspecific hybridization between Mauremys japonica and M. sinensis inferred from molecular approach.
  • 東寺における外来種アカミミガメ駆除後の淡水性カメ類の生息状況について.
  • 日本固有種ニホンイシガメの危機. _外来生物アライグマやミドリガメによる被害
  • 日本列島産淡水性カメ類の系統地理学研究
  • 爬虫類に関する講演.
  • 九州大学伊都キャンパス生物多様性保全ゾーンにおける2012年度実習ピットフォールトラップ調査〜甲虫類〜(予報).
  • Core site report from Ito Campus, Kyushu University: Seasonal movements of the Japanese pond turtle and mammals.
  • ラオスの食料市場で売られていた爬虫類.
  • 遺伝的変異からみた日本列島の淡水性カメ類について
  • Core site report from Ito Campus, Kyushu University: A new record of ozobranchid leech Ozobranchus jantseanus and distribution pattern of badger Meles meles anakuma sett.
  • インドシナのコガネムシ上科に関する最近の知見.
  • マイクロサテライト解析に基づくニホンイシガメの集団遺伝構造.
  • Reptiles sold at Laotian food markets.
  • クサガメは外来種??
  • コモド島探検記−カメ研究者、ドラゴンに会う
  • ミトコンドリアDNA塩基配列に基づくスッポン属の分子系統.

ResearchMapへ移動します

取材・研究に関するお問い合わせ先

取材に関するお問い合わせ

大学広報部企画広報課

Tel. 0463-58-1211(代表) Fax. 0463-50-2215