駅伝チームが全日本大学駅伝で総合12位となりました

ビーワンオフィス

湘南キャンパスの陸上競技部駅伝チームが、11月7日に開催された全日本大学駅伝対校選手権大会(愛知県・熱田神宮西門前から三重県・伊勢神宮内宮宇治橋前まで8区間・106.8km)で総合12位となりました。

今大会には全国から25大学とオープン参加として日本学連選抜、東海学連選抜の27チームが出場しました。駅伝チームは、1区の喜早駿介選手(体育学部2年次生)が区間15位と苦しいスタートを切りますが、2区の松崎咲人選手(同3年次生)が区間7位の走りで、総合12位へと順位を押し上げます。3区の市村朋樹選手(同4年次生)は、強力なランナーが集う中で総合順位を1つ落とすも、4区川上勇士選手(同3年次生)が区間5位の走りで総合順位を12位へと戻しました。5区でも神薗竜馬選手(健康学部2年次生)が区間6位となり順位を一つ上げ、6区では学生三大駅伝初出場となった入田優希選手(体育学部2年次生)が区間9位の力走で、前を走るチームとの差を縮めました。7区は主将の本間敬大選手(同4年次生)も意地を見せ、区間9位の記録で総合順位も10位に上げて第7中継所までにシード圏内の8位に35秒差まで迫ります。アンカーを任された竹村拓真選手(情報理工学部3年次生)も必死に前を追いましたが、最後は総合12位でゴールしました。

両角速駅伝監督(体育学部教授)は、「シード権獲得を目指しましたが、エースの石原翔太郎(体育学部2年次生)らを故障で欠いたこともあり、苦しい展開で目標に届きませんでした。来年1月の箱根駅伝に向けて限られた時間ではありますが、しっかりと立て直しを図っていきます」と話しています。

出場選手成績は下記の通りです。
1区 喜早駿介選手(体育学部2年次生)   区間15位 総合15位
2区 松崎咲人選手(体育学部3年次生)   区間7位 総合12位
3区 市村朋樹選手(体育学部4年次生)   区間14位 総合13位
4区 川上勇士選手(体育学部3年次生)   区間5位 総合12位
5区 神薗竜馬選手(健康学部2年次生)   区間6位 総合11位
6区 入田優希選手(体育学部2年次生)   区間9位 総合11位
7区 本間敬大選手(体育学部4年次生)   区間9位 総合10位
8区 竹村拓真選手(情報理工学部3年次生) 区間14位 総合12位

皆さまの温かいご声援ありがとうございました。