【重要】工学部航空宇宙学科航空操縦学専攻の新入生受け入れ中止について

2020年06月25日

 東海大学では、2021年度の工学部航空宇宙学科航空操縦学専攻の新入生受け入れ中止を決定致しました。また、これに伴い航空操縦学専攻の2021年度入学試験を中止致します。

 航空操縦学専攻の学生は、2年次から3年次にかけての約15か月間で米国・ノースダコタ大学へ留学し、飛行訓練を受けていますが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けて、ノースダコタ大学では、現在全ての飛行訓練が中止となっています。本学の留学中の学生も2020年3月に訓練半ばで帰国し、2020年4月に新規に留学予定であった学生は留学延期となっています。
 このような状況の下、飛行訓練の早期再開も困難なことが予測される中で、受け入れた新入生が、4年間の教育課程の中で操縦士ライセンスを取得し卒業することは難しいことから、2021年度の航空操縦学専攻の新入生の受け入れを中止することと致しました。

 2022年度以降の新入生受け入れにつきましては、新型コロナウイルス感染の状況等を鑑みて、募集を再開する予定です。

 本年度受験を考えていらした皆様には、大変申し訳ございませんが、今般の事情をご賢察いただき、ご理解のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

                                                        学長

                                                         山田 清志

 


一覧へ戻る