教育研究上の目的・人材像

教育目標

病院の中には医師や看護師の他に、レントゲン・CT・MRIなどを扱う診療放射線技師、血液や細菌検査・心電図や脳波などの検査を行う臨床検査技師、リハビリテーションを行う理学療法士が働いている。医師以外の診療補助に従事する看護師や各種の医療技術者のことをコメディカルと呼んでいる。臨床工学技士はコメディカル職種の一種であり、医師の指示のもとに人工心肺装置、血液浄化装置、人工呼吸器等の生命維持管理装置の操作および保守点検を業とする。最近では、コメディカルと医師がチームを組んで医療を行う「チーム医療」が多くなり、臨床工学技士は医療機器のスペシャリストとしてチーム医療の一翼を担うようになってきた。

医療福祉工学科は、臨床工学の分野と医療情報の分野の知識と技術を医学と福祉に応用する学科であり、工学的観点から医療、福祉に貢献する学際分野( 医療福祉工学) の教育・研究を推進する。これらの教育・研究成果を基に、臨床現場において医療機器の進歩に柔軟に対応できる「臨床工学技士」および(1) 先端医療機器や生体情報の工学的解析法を医療従事者に対して提供できる、(2) 医療機器の研究・開発ができる、(3) 電子カルテ等の高度 ICT 医療を担う「医療情報技師」を養成することを教育の目的とする。また、本学科は地域に根ざした学科であり、熊本県や九州圏内の医療機関と相互に連携し、熊本県をはじめとする九州における臨床工学分野の発展と人材育成に資することをめざしている。

教育方針

医療福祉工学科では、医学と工学の学際分野の研究を推進し、医療技術の発展に貢献するために、豊かな人間性を基にした社会的知識、物事を多面的に捉えられる能力を養う。

工学分野と医学分野の基礎を修得したのち、それぞれの専門分野において、演習を取り入れた座学と実習教育を通して医療現場で必要な基礎力と実践力を養成する。また、熊本県内の医療機関と相互協力協定を結び、密度の高い教育連携に基づく臨床実習を通して、チーム医療における臨床工学技士の役割、高度医療機器の保守管理等の重要性を認識させる。更に、本学の医学部、健康科学部および工学部医用生体工学科との連携を密にすることにより、医療における課題を的確に抽出・認識し、教育に反映させる。

1、2年次に配した文理共通科目では、医療福祉工学が人間社会に果たす役割、社会貢献の意義について教育する。1、2年次の工学系および医学系基礎の科目では、講義を中心とした座学に加え、工学系実習、医学系実習を通して専門基礎力の徹底を図る。高学年次では、臨床医学、治療・診断機器に関する密度の高い座学と実習を展開し、臨床医学から治療器、診断装置の構造、原理から治療のメカニズムまでを徹底して教育する。また、臨床工学技士としてニーズが高まっている労務管理やマネジメントに関する科目は、他学部他学科(経営学部経営学科)の関連科目を修得するように指導する。更に、医療倫理についても学習することで、産業界・医療機関を含む幅広い医療分野において将来の指導者に相応しい技術者、臨床工学技士を養成する。

カリキュラムの特色は、以下の通りである。

  1. 1.主専攻科目では、工学・医学の両分野を理解する上で必要となる専門科目を配置し、医療福祉工学関連の知識や技術を基礎から段階的に修得していく。まず、1年次必修科目である「医療福祉ゼミナール1」「医療福祉ゼミナール2」で大学生としてのマナー、学習方法、臨床工学技士としての心構えなどを小グループで指導する。
  2. 2.医療福祉工学の根幹ともなる「電気・電子工学総論」「人の構造および機能」「情報処理実習」は必修科目とする。また、選択科目の「電気工学実習」「電子工学実習」「基礎医学実習」「生体計測装置学実習」は、まず関連する講義科目を修得した後に履修するように指導する。その他の選択科目に関しては、教養科目から専門科目へと無理なく移行できるように、履修モデルに基づいて、1年次より無理なく修得できるよう指導する。実践的な研究活動となる「卒業研究1」「卒業研究2」は4年次に配置する。

なお、臨床工学技士育成にあたっては「臨床工学技士法第14 条第4 号」の規定に基づき、必要とされる科目を配置した。これらの科目は卒業要件には含まれないが、臨床工学技士を希望する学生には履修科目の増加につながるために、履修モデルにより無理なく学習できるように指導する。

医療福祉工学科が養成しようとする人材

現在の医療現場では、医師、看護師等と対等に議論や提言ができ、チーム医療を推進できる人材が求められている。医療福祉工学科は、コミュニケーション能力と幅広い教養を身に付け、高度医療機器を駆使してチーム医療に貢献できる人材を養成する。南九州(鹿児島、宮崎)では臨床工学技士がかなり不足し、九州地方でも郡部において不足しており、熊本県内および九州圏内出身の臨床工学技士を地域医療を担う人材として輩出することにより、地域のニーズに応える。

チーム医療には診療情報の共有が必要であるが、その共有を実現する手段として医療ICT の導入が進められている。この推進役として活躍が期待されているのが医療情報技師であり、病院等のコンピュータシステムに蓄積される膨大な診療情報を適切に管理する能力、医療安全を向上させるような医療の現場で役立つシステムを構築する技術力などが求められている。本学科では、高度ICT 医療を担う医療情報技師の養成もめざしている。

医療福祉工学科へ戻る