和泉 光則

和泉 光則

イズミ ミツノリ

  • 教授
  • 学位:博士(理学)

基本情報

所属

  • 生物学部 / 海洋生物科学科

ジャンル

  • メンタルヘルス
  • 教育・学校
  • 化学

研究と関連するSDGs

  • 質の高い教育をみんなに
  • 平和と公正をすべての人に

研究内容

北見薄荷を題材とする国内産業史を交えた複合的基礎化学実験教育

北海道北見地方の薄荷産業は、屯田兵が種根を持ち込んでから幾多の歴史を刻み、昭和初期に世界シェア70%を記録したが、世界大戦、合成化学、貿易自由化の波に勝てず、昭和後期に生産がゼロとなった。この産業史を学生に伝えながら薄荷草からのオイル抽出とメントール単離を行う複合的実験実習を開発した。現在、そこに生化学的機序を分子レベルで学習する実習を加えた生物学科ならではの斬新な基礎化学実験授業を目指している。

北見薄荷を題材とする国内産業史を交えた複合的基礎化学実験教育

詳細情報

受賞

  • 東海大学 ティーチング・アワード 優秀賞
  • 日本教育カウンセリング学会 サイエンティスト・プラクティショナー賞

論文

意志の力を働かせないことの心理臨床的意味 -個人カウンセリング、エンカウンターそして世界平和を目指して-

フランケンシュタイン怪物の破滅的人生脚本と形成過程-関係性交流分析の理論によるストーリー解釈の試み-

自我状態の機能論に関する文献調査

心理教育における童話”ももたろう”の活用 -ストローク・時間の構造化を有効に伝える工夫-

学生の性格とエゴグラムにおける高い自我状態・低い自我状態との関連

学生は活動・仕事の時間をどのように捉えているか

トランプを用いた化学反応速度論の基礎実習 -化学反応のしくみをイメージするための簡単なシミュレーション-

『本物の感情』に関する文献調査 -”Mad, Sad, Glad, Scared説”をどう扱うか-

学生にとって雑談とはどういう時間の過ごし方か?

手書きとワープロ書きの違いで伝わるストロークはどう異なるか?

北見および岡山/関西における薄荷産業の現状と教育的価値

グループワークを行わないサイコエデュケーションの情緒サポート効果

『時間の構造化』カテゴリの表基準と視点の違いについて

エゴグラムの「自画像」と「他画像」の比較分析

北見ハッカの十集で目指す新たな化学実験の姿 -産業の歴史と実験実習を組み合わせた授業形態の模索-

テレビアニメ『ちびまる子ちゃん』の交流分析教材としての利用価値

児童・生徒理解を目指した交流分析教材としての『ちびまる子ちゃん』の利用価値

授業評価アンケートを科目間で比較するための数値化の試み

Single Asymmetric Carbon Inspired Homochirality of Macrotricyclic Cage Amines.

講演・口頭発表等

  • 積極的平和を伝えるためのサイコエジュケーション授業 -大学初年次教育における実践報告-
  • 大学初年次教育における平和心理学導入の試み
  • 平和心理学として交流分析が果たせる機能
  • 2017年北海道地区化学教育研究協議会提言者
  • 芥川龍之介「蜘蛛の糸」読後の後味の悪さに対する心理学的解釈
  • 芥川龍之介「蜘蛛の糸」の心理ゲーム分析-交流分析によるサイコエジュケーションを目指して-
  • トランプの確率論から導入する化学反応速度実習の完成
  • 集団内で個々の生徒を見守る目としての交流分析の有用性
  • フランケンシュタイン怪物の破滅的人生脚本と形成過程
  • トランプを用いた反応速度論基礎実習の工夫フェノールフタレイン退色反応と組みわせるための改良
  • 明日から役立つ交流分析-心理ゲームを実感しよう-
  • トランプの確率論から導入する化学反応速度実習の工夫-目に見えないものをカードでイメージする工夫-
  • 大学生のエゴグラムと性格の自己評価との相関
  • 教育現場におけるエゴグラムの活用-基本・実践例そして新たな展開-
  • 大学生の”時間の使い方”の心理的意味
  • トランプを用いた反応度論の基礎実習化学反応のしくみを理解するための簡単なシミュレーション実験
  • 北見市の薄荷を題材とした化学実験のSTS教育的価値
  • 北海道北見市の薄荷を題材とした化学実験授業の多彩な発展可能性
  • 座長: 口頭発表第7分科会 「ソーシャルスキル・カウンセリングII」
  • 交流分析における「雑談」の現代的意味について

所属学会

  • 日本交流分析学会
  • 日本理科教育学会
  • 日本平和学会
  • 日本教育カウンセリング学会
  • 日本化学会

ResearchMapへ移動します

取材・研究に関するお問い合わせ先

取材に関するお問い合わせ

大学広報部企画広報課

Tel. 0463-58-1211(代表) Fax. 0463-50-2215