TOKAI INFORMATION FOR 2021 2021年度入試の予告

2019年12月6日更新

2021年度入試の基本方針は、以下のとおりです。なお、詳細については準備が整い次第、公表いたします。

今後、内容の追加・変更が生じた場合は、速やかに公表いたします。

求められる学力の3要素を背景に、入試を実施する予定です。基本的には現行の内容に準じています。

(学力の3要素:「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」)

<総合型選抜(現 アドミッションズ・オフィス入試)・学校推薦型選抜(現 推薦入試)について>

【選抜方法】

現行と同様に小論文、口述試験、プレゼンテーション等を通じて、基礎学力を確認するとともに、探求学習・ポートフォリオを踏まえた本人による志望理由書等の提出を求めます。

【日程】

総合型選抜   2020年9月1日以降の出願、2020年11月1日以降の合格発表

学校推薦型選抜 2020年11月1日以降の出願、2020年12月1日以降の合格発表

<一般選抜(学力選抜入試)について>

【選考方法】

 ①「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」については、現行の本学独自入試においてこれを必要とする問題を出題しています。このような出題を継続したうえで、改善に努めます。

 ②「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」の経験については、出願時に志願者本人に提出していただきます。提出は出願要件としますが、点数化はしません。入学後の教育の参考資料として活用します。

  経験時期は、中学校卒業後から現在に至るまでの期間とし、文字数は、50~300字程度の予定です。

【選抜方法】

大学入学共通テスト利用入試及び本学独自入試の教科・科目は概ね現行のとおりですが、次のような変更を予定しています。

 ①大学入学共通テスト利用入試

  •  ア.国語 : 文学部は「近代以降の文章」及び「古典(古文・漢文)」を利用する予定です。また、文学部を除く他の学部は「近代以降の文章」のみを利用します。
  1.   これまでの予告では、全学で「国語:全分野(古文・漢文を含む)を採用する」としていましたが、文学部のみ利用する予定です。
  1.   記述式問題の点数化については、全学部において検討中です。
  •  イ.数学における記述式問題 : 点数化し利用します。
  •  ウ.英語:大学入試センターの提供する配点通りとします。
  •  エ.英語外部試験スコア利用 :2021年度入試では利用しません。
  •  オ.後期日程 : 2科目での合否判定から3科目での合否判定へ変更します。

 ②本学独自入試

  •  ア.国語 :文学部は「国語総合(必須問題[現代文]、及び選択問題[現代文]または[古文・漢文])」とする予定です。また、文学部を除く他の学部は「国語総合(古文・漢文を除く)」とする予定です。
  •  イ.英語外部試験スコア利用 :併用型(英語外部試験の基準スコアに応じ換算した得点、または、本学が独自に実施する試験の得点のどちらか高い方を合否判定に採用)での利用を検討しています。
    外部試験のスコア提出を必須とする予定はありません。出願資格として利用する工学部航空宇宙学科航空操縦学専攻を含めてスコアの提出は現行どおり本人の申請によるものとします。
    注意 医学部医学科は、現行どおり利用しません

 本件に関わるお問い合わせ先

 東海大学 入試広報課 TEL 0463-58-1211

受験・入学案内へ戻る