学長挨拶

グローバル社会をしなやかに生き抜く人材育成を目指す

新しい知識や情報・技術が社会のあらゆる領域での基盤として飛躍的に重要性を増している現在、グローバル化やパラダイム転換、技術革新はかつてないスピードで進展し、もはや大学は知識の伝授だけでその使命を全うすることが出来ない時代となりました。それに伴い、社会が求める人材像も大きく様変わりしていることは言うまでもありません。

一方、大学は、多様な学生を迎え入れていますが、社会にとって有為な人材の育成をその使命とする今、大学教育への期待が極めて大きなものになって来ています。今日の大学に求められるのは、社会の変化を機敏に察知し、育成すべき人材像を明確にして、それを実現するカリキュラムを策定し、果敢に実行に移すことです。そして常にその成果を検証し、改善につなげていくことです。そのためには、教職員の意識改革を伴った大学改革を絶え間なく、そしてダイナミックに展開する実行力と機動力が欠かせません。

創立者松前重義は、1942年東海大学の創立にあたって、「人文科学と自然科学の融合による確固たる歴史観、国家観、世界観を把握せしめる」ことを教育理念として掲げました。以来今日に至るまで、東海大学は幅広い視野を持って人生の基盤となる思想を培うことの重要性を、学生たちに説き続けてきました。具体的には、現代文明の諸問題と向き合い、それらに対する考え方を学ぶ「現代文明論」をカリキュラムの核として位置づけ、多彩な「現代教養科目」を開講。文系・理系の枠にとらわれない文理融合型の学びを重視することで、総合的・複眼的思考力、専門を生かすための土台づくりと豊かな人間性を育むことのできる教育を展開しています。学生が社会的実践力を培う「チャレンジセンター」では、学部・学科の枠を越えて集まった学生たちが、様々なプロジェクト活動を行っています。多様な仲間と集い、意見をぶつけ合いながらプロジェクト活動を進めていく過程で、現代社会を生き抜くために必要な力を身につけます。本学ではこうした力を「自ら考える力」「集い力」「挑み力」「成し遂げ力」と表現し、既成の概念にとらわれず、新しいことにチャレンジする人材の育成を着実に実現してきており、更には地(知)の拠点整備としてのTo-Collabo(トコラボ)プログラムとして深化を試みています。研究面においては、人文・社会系から理・工学、医学、海洋学、農学に至る幅広い分野で先端的な研究が行われているほか、それらの様々な分野がコラボレートした学際的なアプローチで、世界に情報発信し得る有用な研究活動を活発に展開しています。また建学以来、大学で生まれた「知」を社会に還元することを理念とする本学では、産官学連携による研究活動を組織的に推進し、イノベーションの創出に大きく貢献する「研究の峰」を構想しています。

さらに、東海大学のもうひとつの特色が活発な国際交流活動です。本学では、37ヶ国・地域の103機関(2014年現在)と国際交流協定を締結し、学術面から文化、スポーツまで幅広い分野で国際交流を行うと共に、奨学金や単位認定など充実した制度で、海外への派遣留学や外国人留学生の受け入れを行っています。なかでも旧ソ連邦や東欧諸国との交流、タイ王国での大学設立支援等をはじめとした長きにわたる国際貢献活動に加え、最近は中東や南米に対する教育・研究交流にも力を注いでおり、その独自性に対して国際社会からも高い評価を得ています。

東海大学は、2017年の創立75周年を迎えるにあたり、これからのグローバル時代を牽引する人材を育成するグローバル大学たるべく、学部・学科の新増設や改組、大幅なカリキュラム改訂など、教職員が協働して不断の大学改革・教育改革を続けてまいります。

創立者松前重義は、次代を担う若人たちに「若き日に汝の希望を星につなげ」と熱く語りかけました。学生の皆さんが東海大学での学びを通して、それぞれが抱く希望を明確にし、その希望の実現を目指して、人間として大きく成長していく場を提供することこそが、東海大学の存在の意義であり、使命であります。

東海大学 学長 山田 清志

大学案内へ戻る