看護学科

時代の変化に応じた看護を創造することができる技術と人間性を兼ね備えた看護師を目指す。

キャンパスに併設された医学部付属病院の最先端医療に接しながら学びます。さまざまな健康レベルの人が、その人らしい生活を営むための看護ケアを実践でき、時代の変化に応じて新しい看護を創造できる、温かな人間性と謙虚さ、幅広い教養をもった看護職(看護師・保健師)、養護教諭を育成します。

学びのステップと将来のビジョン

1年次

湘南キャンパスで英語や体育科目を履修し、伊勢原キャンパスで「人体の構造と機能1・2」「看護学概論」などの看護の基礎科目を学びます。1年次の学習のまとめとして、看護の実習科目があります。

2年次

看護の基礎となる科目や、「保健医療関係法規」など社会システムを理解するための科目を学びます。1年次に引き続き、夏に集中して「基礎看護学実習2」を行います。

3年次

専門科目を学び、看護の実践能力を高めます。秋からは、医学部付属病院をはじめとする医療機関や施設での実習が本格的に始まります。

4年次

年間を通して「専門看護ゼミナール」に取り組みます。講義や実習のなかで関心をもったことを課題として、自ら文献検索を行い、関心をもった課題を研究テーマにし、研究計画書を作成します。

将来のビジョン

国家試験に合格し、看護師免許を取得して大学病院や一般病院に勤めます。
保健師養成課程(学内選抜による定員制)を修め、看護師及び保健師の国家試験に合格することで、自治体の保健センターや保健所など、活躍の場が広がります。また、教職課程を履修することで、養護教諭一種免許状を取得し、学校保健に携わることが可能です。

2019年度入学生以降の教職課程は、再課程認定申請中です。ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

保健師国家試験受験資格と養護教諭一種免許状の両方を取得することはできません。

学科のキーワードと概要

確かな看護実践能力、チーム医療を支える協働・調整能力、社会に貢献できる国際的視野