【7月14日開催】留萌港(北海道)にて東海大学海洋調査研修船「望星丸」を一般公開します

2019年06月04日

東海大学では7月14日(日)に、北海道留萌市の留萌港南岸で、本学の海洋調査研修船「望星丸」(全長87.98m、全幅12.80m、国際総トン数2,174トン)の一般公開を開催します。望星丸は、国際航海旅客船の資格を持つ多目的海洋調査研修船で、海洋調査・研究をはじめ、学生による実習や海外研修航海、学外からの委託研究、青少年のための洋上教室など幅広い用途に活用されている『インテリジェント・シップ』です。今回の一般公開は、生物学部海洋生物科学科の必修科目「海洋生物科学フィールド実習」で望星丸が留萌港へ停泊するのに合わせて実現しました。

当日は、観測機器や実習試料の展示、タッチングプールなどの船内企画「サイエンスラボ」をはじめ、望星丸の上河内船長と生物学部海洋生物科学科の大橋正臣准教授による記念講演などを実施します。

ご来場いただいた皆さまには「望星丸オリジナルジグソーパズル」(先着100組)または「望星丸クリアファイル」(先着300名)をそれぞれプレゼント、乗船された皆さま全員へ望星丸「乗船証明書」をお渡しいたします。

また、海と日本プロジェクトinガッチャンコ北海道展示も同時開催します。映像やパネルによるプロジェクト紹介のほか、○×クイズやスタンプラリー、顕微鏡で海の生物観察など体験できるほか、オリジナルクリアファイル(先着100名)などプレゼントもご用意しております。
事前お申し込みは不要で参加費は無料です。お誘い合わせの上、ぜひご来場ください。

■日時 2019年7月14日(日)
 10:00~15:00(乗船受付終了は14:30)
■会場 留萌市・留萌港南岸
■参加費 無料
■お申込 不要
■イベントプログラム
 サイエンスラボ
 [時 間]10:00~15:00
 [内 容]パネル展示、観測機器展示、ロープワーク、実習試料展示、タッチングプール、進学相談会ほか
■東海大学公開講座 記念講演
 [時 間]11:00~12:00
 [会 場]望星丸船内「学生食堂」
 [内容①]海の安全について~これまでの航海、これからの航海~
  講師:東海大学海洋調査研修船望星丸 上河内信義船長
 [内容②]マナマコ中間育成における良好な生息環境について
  講師:東海大学生物学部海洋生物科学科 大橋正臣准教授
 [会 場]望星丸船内「学生食堂」
 [定 員]50名(事前申込不要・当日受付にて申し込み)
■船上進学相談会
 [時 間]10:00~15:00
■後援 留萌市、新星マリン漁業協同組合、海と日本プロジェクトinガッチャンコ北海道実行委員会

■お問い合わせ
 札幌教学課 広報担当 TEL.011-571-5111(代表)

一覧へ戻る