阿蘇実習フィールドに実習場の建物を整備しました

2019年03月22日

阿蘇実習フィールドにこのほど、主に学生の実習授業で使用する建物として「農学実習場A・B」を整備し、3月18日に竣工式を執り行いました。農学部と大学院農学研究科を設置していた本フィールドは、2016年の熊本地震で甚大な被害を受け授業が実施できない状況となったため、同年7月に拠点を熊本キャンパスに移して授業を再開していました。18年度からは、本フィールドで安全が確認できた場所から主に農学部2年次生が受講する農場実習や研究を再開しています。

今回整備した建物は、この実習授業時に熊本キャンパスから通ってきた学生たちの拠点として活用することを目的に昨年7月から着工。実習場A、Bともに鉄骨造で、実習場Aは地上1階建て床面積1,016.20平方m、実習場Bは地上2階建て床面積996.29平方mで、どちらも耐震性を高めるために考慮する係数(重要度係数)は文部科学省が原則としている1.25を満たすなど、耐震性の高い建物となっています。

実習場Aには事務室のほか座学を行うための実習室が3室あり、学生が食事や休憩をとるためのスペースとして自販機・給茶イートインコーナーも配置。学生の健康面もサポートできるよう救護室も設けました。さらに、標本資料保管顕微操作室や環境分析資料処置室もあり、教員の研究活動などにも活用する計画です。実習場Bは1階に圃場実習の事前準備や収穫物の保管、調査を行うための農産物試料調整作業室を置き、学生が実習用のつなぎに着替えるための更衣室やシャワー室も配置しました。ロフト形式の2階は主に資材の置き場所とする予定です。これら建物では今後、農場や放牧地も活用しながら、高地農業やあか牛の放牧飼育、食品加工などに関する各種実習を行っていく計画です。

竣工式には山田清志学長や荒木朋洋九州キャンパス長(学長補佐)、岡本智伸農学部長ら本学教職員をはじめ、九州学生会の役員、熊本県の田嶋徹副知事、本フィールドのある熊本県南阿蘇村の吉良清一村長ら行政関係者、施工関係者ら多数が出席。阿蘇神社の神職を招いた神事で建物の安全を祈願した後、山田学長や荒木キャンパス長、岡本学部長、田島副知事、吉良村長、本県嘉島町の荒木泰臣町長、九州学生会会長の浦谷柚穂さん(農学部3年次生)らによるテープカットを実施。その後、岡本学部長や農学教育実習センターの阿部淳センター長の案内で参加者が施設を見学しました。

続いて実習場Aで行った祝賀会では、冒頭で山田学長が「熊本地震の発生から間もなく3年となりますが、震災後も本学が熊本で農学部の教育研究活動を展開していく決意が形となり感慨もひとしおです。また、この建物の完成がこれまでご支援いただいてきた自治体や地域の皆さまへの恩返しの第一歩となると考えています。今後もご指導、ご鞭撻いただければ幸いです」と述べました。来賓の田島副知事、吉良村長によるあいさつに続いて荒木キャンパス長が謝辞を述べるとともに、「実習場の建物を活用して本格的な実習授業も再開しますので、今後も草原における『阿蘇のあか牛』の周年放牧や環境保全型の水田を使った教育研究など農学部が掲げる“南阿蘇村でしかできない農学の教育研究”に取り組んでいきます」と力強く語るとともに、「新しい建物に親しんでもらえるよう、学生らから建物の愛称も公募したい」と構想も披露しました。

なお、同日午後には実習場Aの実習室で、本学教職員や学生、地域住民らを対象とした「第3回東海大学『農・食・健』QOLセミナー」を開催しました。「地域の伝統と風土を活かした農業・食・健康による震災復興への貢献」をテーマに、本学で取り組んでいる防災・減災に関する研究を紹介。また、環境省・熊本県・東海大学の三者で締結した「阿蘇地域の創造的復興に向けた地域循環共生圏構築に関する協定」に基づく活動の状況、海洋学部と農学部で取り組んでいるQOLの向上に関する研究の成果についても報告しました。

一覧へ戻る