教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシー

教育研究上の目的及び養成する人材像

 基盤工学部電気電子情報工学科の教育研究上の目的は、大学・学部の教育目的に沿って、電気・電子・情報の3分野の基礎と応用を学ぶことにより、複合した境界領域における幅広い応用力をもった人材を養成します。特に、コンピュータを含む電気電子工学を基礎として、「ネットワーク・セキュリティ」、「情報メディア」、「知能ロボット」、「地球環境・植物生産」の分野で具体的な応用について学び、これからの IoT(Internet of Things:モノのインターネット)時代に必要な技術の創出と発展、さらに、生活の質向上と福祉に寄与する人材を養成することです。

ディプロマ・ポリシー

 基盤工学部電気電子情報工学科では、本学・学部の学位授与の方針に従い、以下の能力を備えたと認められる者に学位を授与します。

『知識・理解』
 電気・電子・情報の3分野の基礎知識を十分に身につけ、情報化社会を支える応用技術について理解できる能力。

『汎用的技能』
 電気・電子・情報に関連する技術の動向に注目し、社会が求める技術の創出に積極的に取り組むことができる能力。

『態度・志向性』
 技術者としての倫理観と使命感を持ち、安全・安心な社会の実現に貢献しようとする姿勢。

カリキュラム・ポリシー

 基盤工学部電気電子情報工学科が定めるディプロマ・ポリシーに基づき、以下に示す教育過程を編成し、実施します。

『教育課程・学修成果』

 電気・電子・情報のそれぞれの基礎知識を修得するために、電気電子基礎科目として、電気・電子回路をはじめ、コンピュータアーキテクチャ、プログラミングなどの講義を設定し、また、演習や実習を通して知識の定着を図ります。加えて、低学年次では、数理系科目や、文理を超えた教養科目、英語等の基本的なスキルに関する科目を集中的に開講します。高学年次では、ネットワーク・セキュリティや、情報メディア、人工知能/ロボット、地球観測/植物生産などの応用分野を想定し、これらの分野に特化した講義やPBL(課題解決型教育)型授業によって実践力の育成を目指します。
 カリキュラムの特色は以下の通りです。

(1)基礎科目で学んだ知識を実践する機会を増やすため、演習・実習科目を数多く各学年に配置します。特に3、4年次では、総合的に課題に取り組むPBL科目として「プロジェクト実習」、「電気電子情報ゼミナール」を開講し、学生自らが課題を設定し、その課題を解決するプロセスを通して、実践力を身につけます。

(2)情報の基礎力を身につけるため、情報処理技術者試験合格を目指します。基本情報処理技術者試験は、情報処理推進機構によると「高度IT人材となるため に必要な基本的知識・技能をもち、実践的な活用能力を身につけた者」と定義されています。この試験への合格を目指すために、1年次に「コンピュータアーキ テクチャ」「プログラミング」および「アルゴリズムとデータ構造」、さらに2年次には「基本情報演習」を開講し、資格取得に向けた実践力を育成します。

(3)英語(8単位)を1年次から2年次に亘って連続的に開講し、さらに、学術分野で必要な「アカデミック英語」を3年次に配置することにより、語学スキルの向上を図り、国際化へ対応できる人材を養成します。

(4)専門科目として以下の4つの応用分野を設定し、それぞれについて基礎から応用までを学べる科目を配置します。

◯ネットワーク・セキュリティ分野
 安全・安心なネットワーク社会の実現に向けた、コンピュータネットワークや、暗号・情報理論などについて学びます。
◯情報メディア分野
 コンピュータとネットワークによって生みだされる新たな表現手段の創出を見据え、webデザイン、メディアコンテンツ制作、マルチメディア信号処理などについて学びます。
◯知能ロボット分野
 地域社会と共存しながら自律的に行動できる知能ロボットの開発を目指し、電子工学と機械工作を基礎として、知能ロボット工学、制御工学、人工知能などについて学びます。
◯地球観測・植物生産分野
 IoT時代の新しい形の農業を意識して、植物生産工学、植物向上論、さらに、地球観測論や気象情報学などについて学びます。

『学修成果の評価方法』

 本学科のディプロマ・ポリシーに示されている「知識・理解」「汎用的技能」「態度・志向性」に関して、修得単位数・GPAによる分析評価、授業についてのアンケート等を用いた学生による自己評価により、学修成果の評価を行っています。その集計結果は、FD活動等をとおして教育の質向上のためのPDCAサイクルにつなげています。

アドミッションポリシー

 アドミッションポリシーにつきましては、基盤工学部の教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシーをご確認ください。

電気電子情報工学科へ戻る