教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシー

教育研究上の目的及び養成する人材像

 医学部の教育研究上の目的は、建学の精神及びそれらを具現化した4つの力を踏まえ、“科学とヒューマニズムの融和”の精神のもとで、保健・医療の幅広い知識と確かな技能とともに豊かな人間性を有し、創造的な「生命科学研究」を実践できる人材を養成することです。
実践的な学修を通じて、医療の現場で求められる知識や技術とともに、コミュニケーション能力、論理的思考力、国際的視野などを兼ね備えたプロフェッショナルを育て、社会に還元します。

ディプロマ・ポリシー

 医学部では、本学の学位授与の方針に従い、以下の能力を備えたと認められる者に学位を授与します。

『知識・理解』
 人間、社会・環境に関する教養を基盤とし、健康や生命科学に関する知識を幅広く有し、積極的に新たな知識を得て理解できる。

『汎用的技能』
 保健・医療の専門的知識と臨床技能を備え、ヒューマンケアの実施に求められる様々なスキルを体得して、時代に即した専門的対応策を見出すことができる。

『態度・志向性』
 保健・医療のプロフェッショナルとしてのモラル・使命・倫理観・人権擁護を基盤とした態度を身につけ、国内外で貢献する志を有している。

カリキュラム・ポリシー

 医学部が定めるディプロマ・ポリシーに基づき、以下に示す教育課程を編成し、実施します。

『教育課程・学修成果』

 医学部のミッションは、“科学とヒューマニズムの融和”の精神のもとで、幅広い知識と確かな技能とともに、温かい人間性と創造性を併せ持つ保健・医療のプロフェッショナルを育て、社会に還元することです。
 このため、各学科においては、専門性の高い知識を低学年から系統立てて学べるように科目を配置し、臨床現場で活用できるよう実践的な演習・実習を行います。
 そのうえで、人に対する尊厳を忘れない良医と、人権擁護を基盤としたヒューマンケアが実践できる保健・医療専門職の育成を目標とし、知識・技能のみならず、豊かな人間性やコミュニケーション力、論理的な思考力を養う科目を配置しています。これらの知識や経験をより実践的に応用する場として、医学部の2学科合同で多職種連携演習プログラムを高学年において展開します。
 また、国際的視野などを養うことにも力を入れており、各学科では独自の海外研修プログラムを設置していますが、2学科合同の海外研修プログラムも展開します。
 さらに、各科目の達成すべき目標をカリキュラム・マップで、科目の系統立てや関連はグレードナンバーや履修モデルなどを明示して、教育の全容が理解しやすいようにしています。

『学修成果の評価方法』

 本学部のディプロマ・ポリシーに示されている「知識・理解」「汎用的技能」「態度・志向性」に関して、修得単位数・GPAによる分析評価、授業についてのアンケート等を用いた学生による自己評価により、学修成果の評価を行っています。その集計結果は、FD活動等をとおして教育の質向上のためのPDCAサイクルにつなげています。

アドミッション・ポリシー

 医学部の教育研究上の目的及び養成する人材像を理解し、これらを達成するために自ら学ぶ意欲をもった人を求めます。

『求める学生像』

 医学部で定めている学位授与のために求められている能力を身に付けることが期待でき、基礎学力が十分にあり、かつ、明日の保健・医療を担う強い使命感をもった人材。

<医学科のアドミッション・ポリシー>

 医学部医学科の教育研究上の目的及び養成する人材像を理解し、これらを達成するために自ら学ぶ意欲を持った人を求めます。

『求める学生像』

 医学科で定めている学位授与のために求められている能力を身に付けることのできることが期待でき、基礎学力が十分にある人材。

『医学科の入学者に求める知識・技能・思考力・判断力・表現力・態度』

(1)知識・技能
 英語では、高校での英語の科目を通して英語の文章理解力、表現力、コミュニケーション能力を身につけておくことが望ましい。
 数学では、高校での数学の科目の履修を通して公式や計算方法を理解した上で、それらを応用できる能力を身につけておくことが望ましい。
 理科では、高校での理科(物理、化学、生物)の科目の中から数科目を選択し、個々の項目の内容を理解していることが望ましい。

(2)思考力・判断力・表現力
 他者の意見を傾聴でき、自身の知識・体験を通じて共感でき、相手を尊重しながら自身の考えを発信できる能力を身につけていることが望ましい。

(3)主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度
 周囲と協調しながら、目標に向かって継続した努力や挑戦する姿勢を持てることが望ましい。

<看護学科のアドミッション・ポリシー>

 医学部看護学科の教育研究上の目的及び養成する人材像を理解し、これらを達成するために自ら学ぶ意欲を持った人を求めます。

『求める学生像』

 看護学科で定めている学位授与のために求められている能力を身に付けることのできることが期待でき、基礎学力が十分にある人材。

『看護学科の入学者に求める知識・技能・思考力・判断力・表現力・態度』

(1)知識・技能
 国語、数学、理科、社会の科目の知識を幅広く理解していることが望まれる。
 国語や英語の履修を通して文章理解力、表現力、コミュニケーション能力を身につけておくことが望ましい。また、数学では、公式や計算方法を理解した上で、それらを応用できる能力を身につけておくことが望ましい。

(2)思考力・判断力・表現力
 既に学び得た知識や技能を通して、社会に起こる様々なことに関心を持ち、考えを深め、自分の考えを人に伝える力を培う姿勢があることが望ましい。

(3)主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度
 多くの学習を通して表現力を身につけ、多様な人々と協調し、主体的に課題に取り組む態度を身につけておくことが望ましい。

医学部へ戻る