情報通信学研究科[修士課程]

教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシー

教育研究上の目的及び養成する人材像

 情報通信学研究科(修士課程)の教育研究上の目的は、時代の変化に合わせ、情報通信学及び情報通信技術に関する高度な知識及び技術をバランスよく修得し、困難な課題に対して問題を抽象化し問題解決手法を導き出せる応用力と、身につけた能力を社会において実学として活かせる実行力を有し、これらを通じて国際社会の発展に積極的に貢献できる広い視野を持った人材を養成することです。

3つのポリシー

1ディプロマ・ポリシー

 情報通信学研究科(修士課程)では、本学の学位授与の方針に従い、以下の知識・技能・能力を備えたと認められる者に学位「修士(情報通信学)」を授与します。

  1. 情報通信学に関する高度な専門知識と技術力を身につけ、それらを応用できる能力。
  2. 問題解決のための方策を立案し、それを実践できる能力。
  3. 専門知識と技術をバランス良く身に付け、社会の発展に積極的に貢献できる能力。
  4. 研究成果を学会等において発表・質疑応答ができる能力。

2カリキュラム・ポリシー

 情報通信学研究科(修士課程)が定めるディプロマ・ポリシーに基づき、以下に示す教育課程を編成し、実施します。

教育課程・学修成果

 情報通信学研究科(修士課程)では、情報通信学専攻の1専攻において、情報通信分野の研究・開発能力と情報通信技術者に必要な技術の高度化・高品質化を担う能力を身につけられるよう、情報メディア学、組込みソフトウェア工学、経営システム工学、通信ネットワーク工学の4分野の科目群を設けて各分野の高度な専門知識を修得するとともに、1専攻である強みを生かして情報通信技術者として必要な素養を修得できる共通科目を設けたカリキュラムを編成しています。

学修成果の評価方法(学位論文審査基準)

 情報通信学研究科の修士論文の審査を以下の基準に基づき行います。

  1. 研究指導教員の指導のもとで自身の力によって研究を遂行し、その結果をまとめたものであること。
  2. 研究内容に当該分野における新規性が認められること。
  3. 研究背景、目的、結論、考察等が適切に記述されていること。
  4. 審査は研究指導教員以外の教員を含む複数教員によって行われること。
  5. 審査は学位論文の閲覧と公開形式による口頭発表及び質疑応答により行われ、ディプロマ・ポリシーに示されている知識・技能・能力等についての確認を行う。
  6. 規定の修得単位数の確認、学位論文「可」の確認、口頭発表の評価の確認に基づき、審査教員の3分の2以上の「可」判定をもって学位審査「合格」とする。

3アドミッション・ポリシー

 本学の「建学の精神」と、情報通信学研究科(修士課程)の教育・研究上の目的及び養成する人材像を理解し、自ら学ぶ意欲を持ち、十分な専門分野の基礎学力を有した者を国内外から広く受け入れます。

求める大学院生像

 情報通信学研究科(修士課程)で定めている学位授与のために求められている能力を、身に付けられると期待できる基礎学力が十分にある人材。

入学者にもとめる力(知識・技能・能力)
  1. 専門分野の情報・知識を得るために必要な英語の語学力。
  2. 情報通信学分野の専門的な学修をするために必要な学部レベルの十分な基礎学力。