中期・長期留学

特徴

  • 中期は3~6か月、長期は7~12か月を海外の大学で学ぶプログラムです。
  • 語学学習の他、一部のプログラムにおいては、現地の大学生と同じ条件で専門科目を学ぶことも可能です。
  • 留学先によっては学費を東海大学が負担するため、経済的負担が少なく留学ができます。また、一部のコースでは寮費も免除されます。
  • 中期は6〜7単位、長期の場合は8単位が単位認定されます。
  • 一部のコースを除き、GPAの基準を満たす場合は留学前に「国際交流奨学金」が給付されます。
  • 長期留学において専門科目を習得した場合、8単位の他に主専攻科目等が単位認定される場合があります。

<交換協定による派遣と一般派遣について>

交換協定による派遣とは、学校法人東海大学または東海大学が海外の政府機関もしくは、高等教育機関との間で双方の学生交流を取り決めた「交流協定」に基づく派遣であり、協定によって留学先の授業料が免除されます。また一部留学先では現地生活費の支給等があります。一般派遣では、協定のもとで本学園より現地留学先へ学生を派遣するので、授業料については、東海大学が負担します(東海大学在籍者対象)。ただし、諸費用(渡航費、食費、寮費等)については留学する本人が全て負担します。

※注意事項

・応募資格の語学力を満たす必要があります。
・留学中でも本学の学費を納入する必要があります。
・本学に在籍していることになり、セメスターは進行します(在学期間に含まれる)。
・留学中に8セメスター以上在学する場合には、留学途中で卒業することはできません。


Instagram