メディアプロジェクト紹介 第2弾「知のコスモス 東海BookCafé」「ミネスタウェーブ」「こちらラジオ番組制作部」編!!

こんにちは!
「広報メディア学科スピナッチ!!」です。
今回は、前回から始まったメディアプロジェクト紹介の第2弾です。
第2弾は、「知のコスモス 東海BookCafé」「ミネスタウェーブ」「こちらラジオ番組制作部」の3つを紹介していきます。

〈テレビ班 総務 2年 山元純奈さん〉

Q.現在どのような活動を行っていますか?

A.テレビ班では「知のコスモス 東海BookCafé」と「ミネスタウェーブ」という2つの番組を制作しています。
 「知のコスモス 東海 Bookcafé」「ミネスタウェーブ」の固定の活動日程はありませんが、その2つを合わせての全体で定例会を、木曜日の17:30から開催しています。その他の活動日程は、取材させていただく方と日程を合わせながら撮影をし、毎月20日を締め切りとした編集作業を行なっています。所属している学生は現在2年生が13名、1年生はまだ人数が確定しておらず、15〜20名程度になる予定です。
 「知のコスモス 東海BookCafé」では、本格的なスタジオ機具を使用した番組収録を実践的に行い、15分間のインタビュー番組を制作しています。
 「ミネスタウェーブ」では、湘南地方を取材対象とし、学生主体の15分のドキュメンタリー番組を制作しています。

Q.活動を通してのやりがいと良いところを教えてください。

A.やりがいは、番組を制作し終わった後の達成感が味わえることです。良いところは、「知のコスモス 東海BookCafé」では、企画・編集のすべてを学ぶことが出来ます。「ミネスタウェーブ」では、実社会での取材の大切さ、情報発信の責任を感じることが出来ます。

Q.高校生に向けて一言お願いします。
A.映像を作ることは、色々な事が学べます。今の社会や、今の自分自身の事さえ学ぶことができると思います。ぜひ映像制作を通して、一緒に学んでいきましょう。制作は大変ですが、楽しいですよ!

 

〈こちらラジオ番組制作部 リーダー 3年 滝沢諒さん〉

Q.現在どのような活動を行っていますか?

A.現在は毎週火曜日と金曜日の2日間活動しています。人数は30人程度で、6班に分かれて活動しています。活動内容としましては、ラジオを1から作成していて、毎週火曜日20時から20時30の間にFM湘南ナパサさんで生放送させていただいています。放送までの行程は、以下のように主に6つに分かれています。

 1.企画会議
 班員それぞれが自分のやりたい事や発信したいことについての企画を考え、先生を交え、班でどの企画が良いかを話し合
い、1つの企画を決めます。
 2.取材
 企画に沿った取材対象を探し、アポを取り、取材に行きます。今はコロナ禍のご時世もあって、Zoomを用いての取材も行っています。取材対象は様々で、一般の学生や市民の人に話を聞く、専門家や芸能人、有名人などに話を聞くこともあります
 3.編集
 取材で取ってきた音声を編集します。放送を聞きやすくするために余分な事を話しているところや、番組の趣旨にあっていない所などをカットしたり、音声の音量などもここで調節したりします。根本は、リスナーに聞きやすくするにはどうすれば良いかを考えて編集を行っています。
 4.構成会議
 自分達の伝えたいことを話すにはどのようにしたら良いのかを考えます。編集した音声はどこに配置すればいいのか、ここの場面ではどのような事を話すのか、時間の配分をどのようにするかなどを考えます。
 5.リハーサル
 本番を想定し、構成会議で考えた構成表の元に放送を行います。ダメだった場所や変更した方がいい所、時間通りで出来ているのかなど確認します。
 6.本番
 今までやってきたことを元に生放送を行います。

Q.活動を通してのやりがいと良いところを教えてください。

A.私がこのプロジェクトのやりがいとして考えることは何点かあります。まずは、普通に生活をする上で体験の出来ないことをやっていることです。自分たちで1から企画を考え、それが生放送で放送されるということは、普通のことではなく、ここでしか味わえないような体験が出来ています。
 次に、色々な人に話を聞くことが出来る点だと思います。現場で働いている人やプロ、有名人など、様々な人達に話を聞くことができます。その声は、このプロジェクトに入っているからこそ聞けることだと思います。自分の努力次第ではどんな人にも話を聞けますし、取材後などに普通の話をすることもあるので自分としてはすごくやりがいに感じています。
 そのような人達に話を聞くことによって、自分の思考の幅が広がったり、新たな視点を持つことが出来ることも良い点だと考えています。

Q.高校生に向けて一言お願いします。

A.こちラジは、他の場所では変えることのできない体験が出来ると思います。大学生活をただ流れるように終わらせたくない人、物作りをやってみたい人、少しでもラジオに興味がある人には合っていると思うので、見学に来てみてください。

 

インタビューに応じてくれた山元純奈さん、滝沢諒さんありがとうございます。
これからもテレビ班、こちらラジオ番組制作部の活躍を期待しています。

以上、広報班スピナッチ!!でした!
次回のプロジェクト紹介もお楽しみに!

執筆者:スピナッチ3年 K.K