広報メディア学科

文化社会学部

  • 湘南キャンパス

多様な人々に向けて適切なメッセージを送り、良好な関係を築きながら目的に応じてメディアを利用・活用し、
メッセージの社会的価値を高める力を育てます。この目標を達成するため、テレビ・ラジオ番組や同人誌の制作、
Web 上で地域情報を発信する学生プロジェクトなど、メディアの現場に即した教育を行っています。

受験生向け情報

2022年度より、東海大学の学部・学科が新しくなります。最新新情はこちらをご覧ください

学部ページ

デジタルパンフレット

イベント情報

広報メディア学科ニュース

広報メディア学科の特色

広報メディア学科の特色

理論と実践の融合を目指すエキサイティングな授業

メディアと社会の関係に焦点を当てた「メディア社会学概論」「スポーツ・ジャーナリズム論」「メディアとマイノリティ」、広報や広告の戦略を学ぶ「PR戦略演習」、「広告戦略演習」「Webメディア論」、メディアの制作・実践技術を習得する「映像制作」「ラジオ表現」「マガジン編集」などエキサイティングな授業が充実。メディア実践活動として映像やコンテンツを制作。地域や企業と連携したプロジェクトや、外部のクリエイティブ・コンテストにも参加。


広報メディア学科の特色

バラエティ豊かなメディアプロジェクト

多くの学生がメディアプロジェクトに参加して情報発信を行っています。ドキュメンタリー番組「東海大ミネスタウェーブ」、インタビュー番組「知の
コスモス東海BookCafe」、ラジオ番組「こちらラジオ番組制作部」、広報班「スピナッチ!!」、同人誌制作の「DOZINE」、地域情報をWeb 上で発信する「東海スタジオ」と「地域魅惑」、スポーツ新聞「東海スポーツ」、ジャーナリズム実践活動団体「JPOT(東海ジャーナリズムプロジェクト)」などがあります。

東海大学ならではの教育システム

国際的な視野を育成