法学部

法律学科

先輩・卒業生からのメッセージ

法学部法律学科を目指す皆さまに向けて、先輩・卒業生からのメッセージです。彼ら、彼女らの具体的な想いや経験談を聞いて、これからの大学生活を思い描くヒントにしてみてください。

横山 裕紀
千葉県警察本部
横山 裕紀さん

2018年度卒業

努力をし続ければ、きっと手を差し伸べてくれる人はいる

このパンフレットを見ている皆さんは、大学を卒業した後の自分を想像したことがありますか? 「今は進路を考えるのに精一杯で、そんな余裕はないよ」と考えているかもしれません。私は、警察官になるために法律を勉強するという目標があり、法学部に入りました。それなのに、体を壊して警察官を諦めた時期があります。目標を見失いそうになりましたが、それでも何かしなければという思いが強くなり、さらに力を入れて法律を勉強するようになりました。すると、法律を勉強していく中で法律特有の考え方、いわゆるリーガルマインドが分かるようになり、法律を勉強することが楽しくなったのです。法律とは一部の人だけが理解していればよいというものではなく、私たちが生活していくためのルールがそこに書かれているのだと知ることができました。それに加え、東海大学では他学部の科目を学ぶことができるので、私は興味をもった科目をいろいろ学びました。実は、警察官になって警察音楽隊に入りたいというもう一つの目標があります。夢に近づくためにジャーナリズムと音楽学の副専攻も履修しました。たくさんの先生方や職員の方、友人、知人が応援し、手を差し伸べてくれたお陰で私は今、千葉県警察で警察官として勤務し、あの頃描いた夢に向かって頑張っています。今目標がなくても、途中で目標が変わっても大丈夫です。皆さんが成長しようと努力する限り、きっと誰かが手を差し伸べてくれるはずです。ぜひ東海大学で、未来に向かって楽しい大学生活を送ってください。

今この時の選択が自分の将来をつくる

法学部と聞いて、難しい学問、今までの勉強とはかけ離れた学問とイメージする方は多いと思います。そもそも、大学へは進学したいけれど何を勉強したいかは分からない方も多いのではないでしょうか。私も法律に興味はあったものの、どんな方法で勉強するのか全く分からないまま入学しました。ましてや、将来何をしたいかということなど考えてもいませんでした。しかし、この学部でたくさんの未知に触れ、講義を聞き、教授から法律にかかわる仕事の話を聞くことで、私が勉強していることをほかの人のために生かせる職業があるのだと知り、自分がやりたいことが何か真剣に向き合うようになりました。そして、自分が公務員として働くことを意識するようになりました。私がイメージをしにくい将来のために努力できたのは、自分の好きなこと、やりたいことは何か、真剣に向き合って考えたからだと思います。東海大学の法学部は講義の選択の幅が広く、自分の将来に合わせてカリキュラムを組むことができます。不安な点があれば、身近な教授に相談することもできます。長い人生において大学を選ぶこと、学部を決めることは一つの通過点にすぎないかもしれません。しかし、そこで触れるもの全てが自分の未来へのきっかけになるのです。皆さんも自身のやりたいことが何か自分と向き合ってみるのはいかがですか。

笠間 葵
東京地方裁判所
笠間 葵さん

2017年度卒業

野澤 俊哉
株式会社足利銀行
野澤 俊哉さん

2016年度卒業

人生の選択肢を増やす

東海大学法学部の一番の強みは法律を深く学べることに加え、自由度が高いところだと思います。私の友人たちは、弁護士を目指して勉強に明け暮れる人、語学の勉強のために海外に長期留学に行く人、学生会の運営にすべてを懸ける人など十人十色の学生生活を送っていました。私の学生生活もとても充実していました。1年次には法学部が開催している法職講座に参加し、密度の濃い法律の学習をしました。その後、東海大学短期留学プログラムを利用し、ずっと行きたかった海外留学に行きました。所属していたバロック音楽研究会では会長を務め、仲間たちと自分のやりたい音楽を演奏することができました。3年次になると法律に加え、副専攻を履修して西洋史の勉強にも取り組みました。卒業論文では副専攻で得た知識を生かし、ヨーロッパ諸国の憲法史をテーマに選びました。また1年次の時から教職の勉強を続け、公民の教員免許状を取得しました。 法学部では自分次第でどんな4年間も過ごせます。やりたいことを見つけ、それに打ち込むことが大切です。ぜひ、興味をもったことにチャレンジし、それを続けてみてください。そうすれば自分の思考を多角化することができ、人生の選択肢を増やすことにつながります。

大学生活を有意義なものに!

私は高校時代から公務員を目指してきました。公務員試験に関することを調べていくなかで、試験の科目に法律科目が含まれていることが分かりました。それらの科目を学ぶために東海大学法学部に進学したのです。 法学部では、通常の法律の授業のほかに学内で公務員講座を開講しており、法律以外の試験科目も学習できます。公務員を目指す上で必要なさまざまな知識を学ぶことができるのです。「法律」は公務員を目指す人だけでなく、民間企業を目指す人にも役立ちます。どのような分野の企業も法律と密接にかかわっており、それを学ぶことは社会に出る上で重要になります。私はこの4年間で公務員試験の学習のほかにサークル活動、資格の取得、アルバイトなど、さまざまな活動をしてきました。これらの活動では多くの失敗がありましたが、そのすべてが自分を成長させる糧になったと思っています。大学の4年間は長いようで短いものです。この4年間を有意義なものにできるかどうかは皆さん次第です。皆さんにとって、大学の4年間が出会いと新たな発見に満ちた素晴らしいものになることを心より祈っています。

和田 勝磨
福島県庁
和田 勝磨さん

2016年度卒業