教育研究上の目的・人材像

教育方針

情報メディア学科の教育課程編成にあたっては、情報メディアが社会に及ぼす影響を十分に理解し、情報メディアの応用・開発に携わる人間としての社会的倫理観をもった上で、情報メディアに関する確固たる技術的思想を培い、豊かな創造性、優れた研究および実務能力をもった世界的に活躍できる人材を育成することを目的としている。具体的に編成する上で、次の点に配慮した。

  1. 1.情報メディアとはどのようなものかを理解させ、情報メディアと社会との関わりを学年の早い段階で理解させることにより、社会的・技術的思想を培わせる。これは、学生自身がキャリアプランを考えるためのキャリア教育の一環も兼ねる。
  2. 2.情報メディアを扱う上で必要となる数学の知識、手続き型やオブジェクト指向型などのプログラミング知識などを十分に修得させる。
  3. 3.情報メディアを開発、応用する上で必要となる知識や技術について、実習を通じて実践的スキルを十分に修得させる。
  4. 4.世界を舞台に活躍できる人材を育成するため、語学力を高めると共に、英語によるプレゼンテーション、ディスカッションの能力を十分に身につけさせる。
  5. 5.情報処理技術者などの公的認定試験を受験する意欲がわくようなカリキュラム編成とする。

これらの目的に沿って作られた本学科のカリキュラムには次のような特長がある。

  1. 1.低学年時に、情報メディアと社会との関わりを意識させる科目を配置し、情報技術に関する社会的・技術的思想を培わせると共に、キャリア教育を早い段階からスタートできるようにする。
  2. 2.情報メディアを扱う上で基礎となる数学系、プログラミング系科目について、1年次より段階的に配置している。プログラミングについては、1年次にプログラミングの概念と基礎を学び、2年次にオブジェクト指向プログラミングとweb システム開発に必要なスクリプト言語について学ぶ。さらに、3年次にここまで培ったプログラミング技術を用いた各種実習により実践的なスキルが身に付くようにする。
  3. 3.プログラミングなどの基礎的要素技術、それら基礎技術を用いたアルゴリズム・ソフトウェア開発、ヒューマンインタフェース開発、情報空間設計について、基本となる実習により知識が身につき、さらに、その知識を用いた実習により実践的なスキルが身につくように科目を配置する。したがって、多くの科目を演習、実習を伴う科目として開講する。
  4. 4.英語科目を開講することはもちろんであるが、英語によるプレゼンテーションやコミュニケーション能力を養う科目を配置し、実際に使える英語が身に付くようなカリキュラムとする。
  5. 5.情報処理技術者などの公的認定試験を受験する上での知識が習得できるようにする。

本学科のカリキュラムは、当学科の目指す人材育成を実現するために、情報メディアリテラシー、プログラミング関連など、情報分野に関わる基礎的な能力や常識を修得させる「情報リテラシー科目」、「情報メディア系基礎科目」、新しい情報空間の表現方法、ユーザーフレンドリーなユーザーインタフェースの設計・開発を行うための「ヒューマンインタフェース系科目」、各種メディアを加工・処理・デザインすることができる能力を養う「メディア処理・開発系科目」などの7つの科目群に分け、科目のバランスと充実を行っている。

プログラミングに関する最も基礎的な科目である「プログラミング入門」、各種情報メディアの基礎を実践的に理解する「情報メディアリテラシー」、「情報メディア入門ゼミナール」、「情報メディア通論」を必修科目としているが、その他多くの専門科目は学習の幅を広げるために選択科目として配置されている。学習の最後には、ソフトウェア開発技術、インタフェース設計技術の両技術を兼ね備えた情報メディア技術者としての実践的スキルを身につけさせる必要性から、「卒業研究1、2」を必修科目として配置している。

教育目標

情報メディアとは、情報を伝達する手法、媒体を表し、その機能は、情報の処理、変換、蓄積、伝達など多岐にわたる。これら情報メディア技術は、画像・信号処理システム、データベースシステム、セキュリティシステム、認証システム、web システムなど、I T 社会を支える基盤技術としてわれわれの生活に必要不可欠な技術である。一方、情報化社会の進展に伴い、都市部と地方、高齢者と若年層といった間での生活の質の格差拡大という問題が生じている。本来、生活格差を是正する手段であるはずの情報技術が、さらなる格差を生じさせているのは大きな問題である。情報メディア技術は、このような情報格差、いわゆる、デジタルデバイドに起因する問題を解決するための情報処理・伝達技術を提供できる。このように、情報メディア技術は、安心、安全、快適、といった情報環境を提供する技術として我々の生活の中に深く入り込んでおり、これを抜きにして豊かな社会を実現していくことはできない。本学科の教育目標は、以下の通りである。

  1. 1.情報メディアが社会に及ぼす影響に関する充分な理解に立脚した、確固たる倫理観と、情報メディアの応用・開発に関する技術的思想をもち、社会の発展に寄与できる最適な情報メディアの応用・開発ができるようにする。
  2. 2.プログラミング、ソフトウェア工学、ネットワーク、セキュリティ、データベース、システム開発工程などを教育することにより、情報処理技術、特に各種情報システムにおけるソフトウェア開発を実践的なレベルで行えるようにする。
  3. 3.画像処理、映像処理、音声処理、言語処理などの各種基本要素技術とその応用技術を教育することにより、社会の発展に寄与できる最適な情報メディアの応用・開発ができるようにする。
  4. 4.情報空間の上で各種情報を映像、グラフィックス、音、文字、言葉などによって表現、処理、伝達する技術を教育し、それらが融合した新しい情報伝達・コミュニケーション技術の構築や、ヒューマンインタフェースの設計などを行えるようにする。

情報メディア学科が養成しようとする人材

情報メディア学科は、このような「情報をある目的で利用する際に、これを最適に加工・処理・デザイン(設計)できる」能力を持った人材、つまり、ソフトウェア開発技術とヒューマンインタフェース開発技術の両方を兼ね備え、それらの技術の進歩に対応できる人材を育成することを目標としている。さらに情報メディアが社会に及ぼす影響を十分に理解し、情報メディアの応用・開発に携わる人間としての社会的倫理観をもった上で、情報メディアに関する確固たる技術的思想を培い、豊かな創造性、優れた研究および実務能力をもった世界的に活躍できる人材を育成することを目標としている。

情報メディア学科へ戻る