情報通信学部

情報通信学科

教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシー

教育研究上の目的及び養成する人材像

情報通信学部情報通信学科の教育研究上の目的は、大学・学部の教育目的に沿って、「グローバル社会の中で活躍できる英語能力と多様化する価値観を受容できる”コミュニケーション力”」を有し、「社会に生じる諸問題に対して”情報通信の専門性と技術力”に基づき、”柔軟な思考力と活用力”をもって他分野との協働により解決を目指す”コーディネート力”」を身に付け、「”情報通信技術者としての使命感と倫理観”をもって”自ら考え行動し、解決を目指す”」ことができる人材を養成することです。

3つのポリシー

1ディプロマ・ポリシー

情報通信学部情報通信学科では、以下の能力を備えたと認められる者に学位「学士(情報通信学)」を授与します。

知識・理解 

高度情報化社会が要求する情報通信の多様な先端技術に柔軟に対応できる基礎・専門知識。

汎用的技能

グローバル社会の中で活躍できる英語能力と、多様化する価値観を受容できるコミュニケーション力を持ち、 先端的情報通信技術を利活用して 、社会に生じる様々な問題に対して他分野との協働により解決を目指すことができる“コーディネート力”と 実践的専門能力。

態度・志向性

高度情報化社会のあり方を総合的に把握し、情報通信技術者としての使命感、責任感、倫理観をもって、自ら考え行動し、解決を目指す。


2カリキュラム・ポリシー

情報通信学部情報通信学科が定めるディプロマ・ポリシーに基づき、以下に示す教育課程を編成し、実施します。

教育課程・学修成果

情報通信学科では、Society5.0を実装した社会を実現するための世界標準かつ総合的情報通信技術を身に付けるために、 各学部・学科の基本を理解し、カリキュラムの基幹として、所属する学部学科にとらわれず自ら学びを進め、自ら問題を見出し、解決を目指していく姿勢を身につけていく「学系共通科目」を、 カリキュラムの基幹として、スキルを身に付けていく「情報通信学基幹専門科目」と”語学力、プレゼン・ライティング等の表現力、協調性、社会で活躍するための実践力”などのコンピテンシーを獲得する「情報通信学基幹:自己発展科目」を、高年次にはより専門性の高い4つの科目群(「先端的データ処理」、「プラットフォーム・デザイン」、「総合情報システム」、「マネジメントシステム」 )を設定し、科目を配置する。

なお、この教育課程は、IEEE/ACM が定めるITの世界標準カリキュラムであるIT2017に準拠したカリキュラムとなっている。

学修成果の評価方法

情報通信学科のディプロマ・ポリシーに示されている「知識・理解」「汎用的技能」「態度・志向性」に関して、ルーブリックによる観点別評価、修得単位数・GPAによる分析評価、授業についてのアンケート等を用いた学生による自己評価により、学修成果の評価を行っている。その集計結果は、FD活動等をとおして教育の質向上のためのPDCAサイクルにつなげている。


3アドミッション・ポリシー

求める学生像

情報通信学部情報通信学科の教育目標を理解し、この目標を達成するために自ら学ぶ意欲をもった人材。及び、ディプロマ・ポリシーで求められている能力を、身に付けられると期待できる基礎学力を十分有する人材。

入学者にもとめる知識・技能・思考力・判断力・表現力・態度
(1)知識・技能

英語では、高校での英語の科目の履修を通して基礎的な英語の文章理解力、文章表現力、会話能力を身につけておくことが望ましい。

数学では、高校での数学の科目の履修を通して公式や計算方法を理解した上で、それらを利用できる能力を身につけておくことが望ましい。

理科では、高校での理科(物理、化学、生物)の科目の中から選択した科目について、その各項目の内容を理解していることが望ましい。 

(2)思考力・判断力・表現力

情報通信学の知識や技術を活用するだけでなく、文理融合の観点から、人文・社会科学系の知識・技能も総合して応用できること、および、それらの発信ができることが期待できること。

(3)主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度

情報通信システムの開発、実装には、多くの過程があり、かつ多くの専門領域の人々との協働作業が必要となる。情報通信学科ではプロジェクト実習でこれらの学修を進めるが、その際、多様な価値観を理解し、友好な人間関係を築くことができること、物事に対して挑戦的に取り組むこと、および、失敗や挫折を乗り越えて目標を実現しようとすることが期待できることが求められる。