知のコスモス演奏会企画「文学と音楽 高輪サロンコンサート」を開催しました

2017年12月18日

文学部日本文学科では12月2日に高輪キャンパス2号館地下食堂「コメドール」で、第349回知のコスモス演奏会企画「文学と音楽 高輪サロンコンサート―魔女と悪魔と宗教改革―」を開催しました。今年度の文学部共通科目「知のフロンティア」の授業テーマ「魔法少女まどか☆マギカの世界」(担当教員=日本文学科・志水義夫教授)と関連したものです。東海大学OB管弦楽団を主体とする東海大学フィルハーモニック☆たかなわの演奏で、神話学者で学習院女子大学学長でもある神田典城氏(東海大学OB管弦楽団常任指揮者)が講話と指揮を担当。約50名が参加しました。

2017年度秋学期の「知のフロンティア」では、アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』(2011年、シャフト製作)を取り上げ、魔女と魔法少女の世界に知的アプローチをしています。今回の講演では「魔女」・「悪魔」の文学と音楽との関係について神田氏が講演。東海大学フィルハーモニック☆たかなわがメンデルスゾーンのカンタータ「最初のワルプルギスの夜」~序曲やムソルグスキーの交響詩「はげ山の一夜」(R=コルサコフ編曲版)などを披露し、聴衆は演劇や映画などと密接にかかわる音楽の在り方に造形を深めながら、作品世界を表現したメロディーに聴き入っていました。

一覧へ戻る