第36回望星旗少年武道大会(剣道の部)が開催されました。

2017年11月27日

2017年11月26日(日)、東海大学湘南キャンパス総合体育館において「第36回望星旗少年武道大会(剣道の部)」が開催されました。
この大会は、小学生を対象に道場別の団体戦で優勝が争われます。先鋒・次鋒は1年生から3年生の低学年。中堅・副将・大将が4年生から6年生の高学年で編成された5人制の団体戦になります。招待された86チームが参加し、予選リーグ・決勝トーナメントで優勝を争います。天候にも恵まれ、初戦から決勝戦まで白熱した試合が展開されました。

また、開会式では、東海大学体育会剣道部員による「木刀による剣道基本技稽古法」と「日本剣道形」の演舞が行われ、参加した小学生は、真剣な眼差しで見学していました。

大会結果

優勝:都岡剣友会A(神奈川県)

準優勝:横浜三ツ境剣友会A(神奈川県)

第3位:浦安本部道場A(千葉県)、梅本少年剣友会(東京都)

敢闘賞:西小菅剣友会(東京都)、茂原武道館(千葉県)、斉信館剣友会A(神奈川県)、正栄館磯部道場A(神奈川県)

優勝:都岡剣友会Aチーム
前年度優勝チームによる選手宣誓
熱戦の様子
将来が楽しみな選手もたくさん参加していました。
大学生も顔負けの技を繰り出しました。

一覧へ戻る