後援会

東海大学後援会は、東海大学に学ぶ学生の保護者の皆様によって組織されています。この東海大学後援会は、大学とご家庭、地域社会の架け橋となり、学生たちが充実した学生生活を送れるよう、サポートすることを目的に、40年余前に設立されました。学園の創立者松前重義の、「理想の教育は大学と家庭が一体となって実現できる」という教育観に共鳴した保護者の皆様が、各地域で大学への教育活動への支援を目的に、自主的に結成した会が、この後援会の始まりとなっています。

東海大学後援会は、国内50地区、海外(台湾)1地区の地区後援会で構成されています。この各地区後援会の連合組織が連合後援会で、各地区の役員から選出された連合後援会本部役員を中心に、大学と連携しながら、後援会の活動計画の立案、大学諸行事への参加、大学の教育・研究の支援などの活動を行っています。

毎年夏に行われる各地区後援会総会は、後援会の最大の行事であり、大学側の教員がチームを組んで各地の後援会に参加し、保護者の皆様と1対1で、ご子息ご子女の学業、生活、進路について話し合う個人面談の場を設けています。参加された保護者の皆様からは、「子供のことや大学のことがよくわかり安心した」との感想が数多く寄せられています。

東海大学後援会は保護者の皆様同士の交流の場でもあります。皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

東海大学後援会新しいウィンドウを開きます

保護者の方へ戻る