教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシー

教育研究上の目的及び養成する人材像

 国際文化学部の教育研究上の目的は、建学の精神及びそれらを具現化した4つの力を踏まえ、環境適応力、人間関係構築力、高度な外国語運用能力をもち、国籍や文化の差異を超克して良好かつ平和な人間関係を構築できる「国境なき社会人」としての資質をもった人材を養成することです。

ディプロマ・ポリシー

 国際文化学部では、本学の学位授与の方針に従い、以下の能力を備えたと認められる者に学位を授与します。

『知識・理解』
 世界で起こる様々な情報を知り、それぞれの国・地域にある政治経済・歴史・文化を理解して国際的な視野で世界を考えることができる能力を有している。

『汎用的技能』
 どこの国・地域の人とも積極的に交流し、お互いを理解できるようになるために必要な、語学力と異文化理解能力を有している。

『態度・志向性』
 自分の回りで起きている事柄に対して、どうしてそうなったのか、どうしたらもっとよくなるのかと常に問題解決意識をもちながら論理的に思考し、社会において行動できる。

カリキュラム・ポリシー

 国際文化学部が定めるディプロマ・ポリシーに基づき、以下に示す教育課程を編成し、実施します。

『教育課程・学修成果』

 本学部の初年次教育としては、各学科の主専攻科目において、学部・学科における学修の導入科目となるゼミナールを必修科目として開講し、学部・学科のディプロマ・ポリシー及びカリキュラム・ポリシーに対する理解を促進し、学術的文章作成、図書館の利用、キャリアデザインに関する基礎知識の修得を図ります。
 本学部の教育の基礎となる国際政治・経済、世界地理・歴史、国際情勢に関する知識を幅広く修得するために、学部共通科目に「国際文化概論」を必修科目として開講します。また、本学部が設置されている北海道という地域から国際文化に関する知識を修得する目的から、「アイヌの文化」を同じく学部共通科目として開講します。
 学部独自のキャリア教育としては、学部共通科目に「インターンシップ」を開講し、環境適応力や人間関係構築力を育成する一環として、就業体験を単位化します。
 専門教育においては、いずれの学科も、到達段階に応じた体系的な学修を可能にするために、入門・基礎、応用、発展の3段階構成で教育課程が編成します。
 ディプロマ・ポリシーである「国境なき社会人」の育成を実現すたるために、「フィールド指向の実践的教育」を教育方針とし、その教育方針を具現化するために各学科の主専攻科目において国内外のフィールドワーク・インターンシップを単位化します。
 3年次・4年次の必修科目である「ゼミナール」と「卒業研究」においては、フィールド指向の実践的教育手法を活用し、学修の成果を論文や作品として集大成し、その成果物は学部・学科のディプロマ・ポリシーに基づいて最終的かつ総合的に評価します。

『学修成果の評価方法』

 本学部のディプロマ・ポリシーに示されている「知識・理解」「汎用的技能」「態度・志向性」に関して、修得単位数・GPAによる分析評価、授業についてのアンケート等を用いた学生による自己評価により、学修成果の評価を行っています。その集計結果は、FD活動等をとおして教育の質向上のためのPDCAサイクルにつなげています。

アドミッション・ポリシー

 国際文化学部の教育研究上の目的及び養成する人材像を理解し、これらを達成するために自ら学ぶ意欲をもった人を求めます。

『求める学生像』

 国際文化学部で定めている学位授与のために求められている能力を身に付けることが期待でき、基礎学力が十分にある人材。

『入学者に求める知識・技能・思考力・判断力・表現力・態度』

(1)知識・技能
1)英語について
 ①高校での英語の科目の履修を通じて英語の文章理解力、表現力、コミュニケーション能力を身に着けておくことが望ましい。
 ②英検、TOEIC,TOEFL,GTECなどの外部試験を受験していることが望ましい。
2)国語について
 ①高校での国語の履修を通して日本語の文章理解力、表現力、コミュニケーション能力を身につけておくことが望ましい。
 ②作文・小論文作成のトレーニングを積んでおくことが望ましい。
3)社会について
 ①社会では、高校での社会の科目(世界史、日本史、地理、政治・経済、倫理、現代社会)を幅広く理解していることが望まれる。
 ②新聞の国際欄を読んで記事の内容を理解できることが望まれる。
4)数学及び理科について
 数学及び理科は、文系の学問を学ぶ上で必要な自然科学的な知識を幅広く理解していることが望ましい。

(2)思考力・判断力・表現力
1)論理的思考力について
 中学校の数学で学んだ図形の証明問題(合同、相似)を用い、「前提―論拠―結論」という論理的思考のパターンを理解しておくことが望ましい。
2)表現力について
 新聞の社説を書き写し、論説文の構成を理解しておくことが望まれる。

(3)主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度
1)ボランティア活動について
 学校内や地域のボランティア活動に積極的に参加する姿勢を身に着けておくことが望ましい。
2)国際交流活動への参加
 学校内や地域で開催される国際交流のイベントに積極的に参加する姿勢を身に着けておくことが望ましい。

国際文化学部へ戻る