国際文化学部

国際コミュニケーション学科

教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシー

教育研究上の目的及び養成する人材像

国際文化学部国際コミュニケーション学科の教育研究上の目的は、大学・学部の教育目的に沿って、高度な外国語運用能力を有し、貧困、環境、健康といったユニバーサルな課題に対する理解を深め、当該課題の解決に対して主体的に取組むことができる人材を養成することです。

3つのポリシー

ディプロマポリシー

国際文化学部国際コミュニケーション学科では、以下の能力を備えたと認められる者に学位「学士(教養学)」を授与します。

『知識・理解』

英語やそれ以外の外国語の高い運用能力を身につけ、世界情勢に関する知識を蓄えて、国際社会で生じている課題に対する理解を深めることができる。

『汎用的技能』

国際的なコミュニケーション能力を発揮して、国際社会の中であらゆる環境に適応し、国境を超えて良好な人間関係を構築でき、国際社会の課題解決に関われる力がある。

『態度・志向性』

身につけた外国語を何に対して活かすのかを常に考え、文化や価値観といった差異を受容できる「寛容性」が身に付いている。


2カリキュラム・ポリシー

国際文化学部国際コミュニケーション学科が定めるディプロマ・ポリシーに基づき、以下に示す教育課程を編成し、実施します。

『教育課程・学修成果』

本学科の専門教育では、学部・学科のディプロマ・ポリシーを実現するために、外国語キャリアコースと国際理解コースの2コースを設置します。
(初年次教育)
本学科では、学科での学修を円滑に進められるよう初年次教育に相当する「入門ゼミナールA・B」を開講し、初年次1年間をかけて、学科のディプロマ・ポリシーに対する理解促進と文章作成、図書館利用といった学修に必要な要素に対する理解を図ります。
(学部共通科目)
学部共通科目として、「国際関係論」、「スポーツ文化」、「デザイン文化史」といった学科の分野を超えた授業科目を開講することに加え、学部が設置されている北海道という地域から国際文化を学ぶ目的から、「アイヌの文化」を同じく学部共通科目として開講します。さらに、学部独自のキャリア教育科目として、「インターンシップ」を増設し、環境適応力や人間関係構築力を育成する一環として、キャリア教育を通じた学びを強化します。
(専門教育)
 本学科の専門教育では、上記2コース共通で、英語運用能力育成の基礎として、TOEICやTOEFL試験対策にも対応した「英語スキル科目」を開講し、英語4機能(聞く、話す、読む、書く)に関連する授業科目を学科全体の選択必修科目として開講します。
 外国語キャリアコースでは、「英語応用科目」と「コミュニケーション科目」(いずれも選択科目)を学修することにより、英語を使って仕事を成し遂げる力を育成します。加えて、北海道と往来の多い中国、韓国、ロシアの言語を「各国語」科目として開講します。
 国際理解コースでは、英語以外の外国語運用能力の育成に加え、異文化理解力を育成するために「国際地域系科目」を開講します。
本学科の専門教育には、2つのコース共通に「フィールド系科目」を開講し、本学部のディプロマ・ポリシーである国境なき社会人育成の実践的教育に当たるフィールドワーク、パブリックワーク、アカデミックコーチングを単位化し、学部の教育方針である「フィールド指向の実践的教育」を展開します。
 本学科の専門教育は、必修科目「ゼミナール」と「卒業研究」において集大成します。3年次のゼミナールでの研究成果を4年次に卒業研究へと発展させ、卒研発表会を実施し、ディプロマ・ポリシーに基づき、学修成果を総合的に評価します。

『学修成果の評価方法』

 国際コミュニケーション学科のディプロマ・ポリシーに示されている「知識・理解」「汎用的技能」「態度・志向性」に関して、ルーブリックによる観点別評価、修得単位数・GPAによる分析評価、授業についてのアンケート等を用いた学生による自己評価により、学修成果の評価を行っています。その集計結果は、FD活動等をとおして教育の質向上のためのPDCAサイクルにつなげています。


3アドミッションポリシー

『求める学生像』

国際文化学部国際コミュニケーション学科の教育目標を理解し、この目標を達成するために自ら学ぶ意欲をもった人材。及び、ディプロマ・ポリシーで求められている能力を、身に付けられると期待できる基礎学力を十分有する人材。

『入学者にもとめる知識・技能・思考力・判断力・表現力・態度』
(1) 知識・技能

1)英語について
① 高校における英語科目の履修を通じて、英語の文章理解力、表現力、コミュニケーション能力を身に着けておくことが望ましい。
② 英検、TOEIC,TOEFL,GTECなどの外部試験を受験していることが望ましい。
2)国語について
① 高校での国語の履修を通して日本語の文章理解力、表現力、コミュニケーション能力を身につけておくことが望ましい。
② 作文・小論文作成のトレーニングを積んでおくことが望ましい。
3)社会について
① 社会では、高校での社会の科目(世界史、日本史、地理、政治・経済、倫理、現代社会)を幅広く理解していることが望まれる。
② 新聞の国際欄を読んで記事の内容を理解できることが望まれる。
4)数学及び理科について
数学及び理科は、文系の学問を学ぶ上で必要な自然科学的な知識を幅広く理解していることが望ましい。

(2)思考力・判断力・表現力

1)論理的思考力について
中学校の数学で学んだ図形の証明問題(合同、相似)を用い、「前提―論拠―結論」という論理的思考のパターンを理解しておくことが望ましい。
2)判断力について
国際間での解決が必要な問題を特定し、それに対する解決策を考察するトレーニングを積んでおくことが望ましい。
3)表現力について
英語で日記をつけ、自身の日常生活を英語で表現するトレーニングを積んでおくことが望ましい。

(3)主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度

1)ボランティア活動について
学校内や地域のボランティア活動に積極的に参加し、社会の課題に対して当事者意識を身につけておくことが望ましい。
2)国際交流活動への参加について
学校内や地域で開催される国際交流のイベントに積極的に参加し、国籍や文化を異にする人々と相互に理解し合える経験を有することが望ましい。