八木 英一郎

八木 英一郎

ヤギ エイイチロウ

  • 教授
  • 学位:博士(工学)

基本情報

所属

  • 経営学部(東京キャンパス) / 経営学科(経営)
  • 政治経済学部 / 経営学科
  • 経済学研究科 / 応用経済学専攻

研究内容

目的を達成するため、最善の選択・決定を行う方法とは?

意思決定とは、ある目的を達成するための行動の選択に関する決定のことです。意思決定の中でも、特に意思決定の方法について研究しています。よい意思決定とは何か、どのようにしたらよい意思決定ができるのかを研究しています。

詳細情報

研究キーワード

  • オペレーションマネジメント
  • 経営科学
  • 意思決定

研究分野

  • 人文・社会 経営学
  • 社会基盤(土木・建築・防災) 安全工学
  • 社会基盤(土木・建築・防災) 社会システム工学

受賞

  • 日本経営工学会論文奨励賞

論文

「機能」に着目したシステムデザインの有用性 : ビジネスゲームのオンライン実施を例として

制約条件の理論 (TOC)の改善アプローチに対する図的解釈

Interpretive Structural Modeling構造モデル作成ツールの提案 : ExcelとDOT言語を用いて

複数の入出力を持つシステムにおけるベンチマークの選択 (本学部創設50周年記念)

制約条件の理論による多目的システム改善

制約条件の理論(TOC)に基づく改善に対する一考察

2つの指標によるクラス編成問題

階層化された評価項目のウェイト比に幅を与えた加重和評価法

教室設備による人数制約が必要な選択科目におけるクラス編成問題

マルコム・ボルドリッジ国家品質賞と日本経営品質賞の比較--形態素解析により抽出した"名詞"の情報を用いて

情報化がOR/MSアプローチによる意思決定に及ぼす影響

企業のインターネット活用に関する研究(4)ウェブサイトの情報調査2002年

企業のインターネット活用に関する研究(3)ウェブサイトの情報調査2001年

ベンチマーク生産拠点に効率よく到達する方策の選択(早期効率化の評価指標AREA提案と、生産拠点のDEA効率性評価への適用)

企業のインターネット活用に関する研究(2)ウェブサイトの情報調査2000年

ベンチマーキングとDEAを用いた設備管理診断モデルの構築(生産管理指標によるグローバルな生産拠点の研究)

企業のインターネット活用に関する研究--ウェブサイトの情報調査

経営におけるインターネットの影響

重み付け評価法に関する考察

書籍等出版物

  • Officeによるデータリテラシー: 大学生のデータサイエンス
  • 情報活用とアカデミック・スキル Office2016
  • Office2013による情報活用
  • 30のキーワードで学ぶ現代経営(共著)

所属学会

  • 日本オペレーションズ.リサーチ学会
  • 日本品質管理学会
  • 日本経営工学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

組織における評価に関する研究

多目的意思決定に関する研究

意思決定における構造化の研究

ResearchMapへ移動します

取材・研究に関するお問い合わせ先

取材に関するお問い合わせ

ビーワンオフィス(広報担当)

Tel. 0463-63-4670(直通)