福田 紘大

福田 紘大

フクダ コウタ

  • 准教授
  • 学位:博士(工学)

基本情報

所属

  • 工学部 / 航空宇宙学科 航空宇宙学専攻
  • 総合理工学研究科 / 総合理工学専攻
  • 工学研究科 / 機械工学専攻
  • マイクロ・ナノ研究開発センター

ジャンル

  • 物理
  • 自動車
  • 環境技術
  • シミュレーション

研究と関連するSDGs

  • エネルギーをみんなに、そしてクリーンに

研究内容

流体シミュレーションによる非定常流れ現象の解明と工学的応用

高性能な航空機や車を開発するためには、空力性能を向上させることが重要となる。また、様々な運動を行うことも考慮する必要がある。そこで、高度なシミュレーション技術により詳細な流れ現象を解明し運動時の空気力学的特性を把握することで、高性能な航空機や車を設計するための研究を行っている。
また、本研究室のシミュレーション技術は、数多くの企業との共同研究を通して、様々な製品の高性能化、低騒音化に貢献しているだけでなく、東海大学におけるソーラーカー開発にも長年応用され、数多くの世界大会での優勝に貢献している。

流体シミュレーションによる非定常流れ現象の解明と工学的応用

詳細情報

研究キーワード

  • 設計工学
  • 流体音響工学
  • 乱流モデル
  • 非定常現象
  • 乱流
  • 渦法
  • 数値流体力学

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) 流体工学

論文

南アフリカソーラーカー大会準優勝の軌跡 (特集 ソーラーカー・人力発電・車載用PV)

ソーラーカー活動にみる「ものづくり」と「教育」東海大学ソーラーカーチーム世界大会への取り組み(世界トップを目指すチームマネジメント)

Direct numerical simulation of flow around a heated/cooled isolated sphere up to a Reynolds number of 300 under subsonic to supersonic conditions

Direct numerical simulation of flow past a transversely rotating sphere up to a Reynolds number of 300 in compressible flow

Numerical Simulation on Solid–liquid Multiphase Flow including Complex-shaped Objects with Collision and Adhesion Effects using Immersed Boundary Method

Investigation on subsonic to supersonic flow around a sphere at low Reynolds number of between 50 and 300 by direct numerical simulation

UAE・日本の大学間国際共同プロジェクトによるソーラーカー共同開発

A Simple Immersed Boundary Method for Compressible Flow Simulation around a Stationary and Moving Sphere

所属学会

  • 日本航空宇宙学会
  • AIAA
  • 自動車技術会
  • 日本機械学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

ロケットプルームの音響解析

渦法による化学機器内の流動解析

渦法の乱流モデル構築

ResearchMapへ移動します

取材・研究に関するお問い合わせ先

取材に関するお問い合わせ

大学広報部企画広報課

Tel. 0463-58-1211(代表) Fax. 0463-50-2215