高尾 将幸

高尾 将幸

タカオ マサユキ

  • 講師
  • 学位:博士(体育科学)

基本情報

所属

  • 体育学部 / 体育学科
  • 体育学研究科 / 体育学専攻

研究内容

スポーツ・メガイベントが地域社会にもたらすインパクトの研究

1964年の東京五輪と2019年のラグビーワールドカップを事例に、スポーツ・メガイベント(SME)が都市空間や地域社会にもたらすインパクトを研究している。SMEは、それが開催される都市空間や地域社会の開発といった文脈と切り結びつつ、人々の暮らしに大きなインパクトをもたらす可能性がある。SME研究は、そうしたインパクトの正負の側面や時間的変化を明らかにするとともに、今後の招致活動に対して情報提供するという重要な役割をもつ。

詳細情報

研究キーワード

  • 統治性
  • スポーツ・メガイベント
  • 健康語り

研究分野

  • ライフサイエンス スポーツ科学 スポーツ社会学

委員歴

  • 日本スポーツ社会学会 理事

論文

スポーツ・メガイベントとローカル・アイデンティティ : 岩手県釜石市におけるラグビーワールドカップ開催 (特集 メガイベントは都市に何をもたらすのか)

ラグビーワールドカップ2019 についての考察:―グローバル化の時代におけるオールブラックスとグローバルラグビー―

健康政策と身体活動/スポーツ (スポーツ政策とは何か)

「健康」語りの系譜からみた公共性とその現在 (特集 身体をめぐる/を通した統治を考える : 健康・自己・公共性)

正常からリスクへ…… 「健康」語りの現在

TASCサロン 健康の「だらしなさ」をめぐって : 健康寿命の怪しいひびき

大学が実施する地域貢献事業における「中高齢者の健康づくり余暇活動」に対する"支援と課題" : 健康体力づくり講座 : "Keep Active 2010"を中心に

スポーツ研究入門 介護予防施策をめぐる身体の問題

の政治を再考する視角を求めて--茨城県T市における高齢者健康増進施策の事例から

書籍等出版物

  • よくわかるスポーツ文化論
  • 「健康」語りと日本社会 : リスクと責任のポリティクス
  • 「オリンピックの遺産」の社会学 : 長野オリンピックとその後の十年
  • 幻の東京オリンピックとその時代 : 戦時期のスポーツ・都市・身体

担当経験のある科目

  • スポーツ社会学

所属学会

  • 日本社会学会
  • 日本スポーツとジェンダー学会
  • 日本体育学会
  • 日本スポーツ社会学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

スポーツ・メガイベントと「被災地」の表象をめぐる社会学的研究

災害とスポーツ・メガイベントに関する社会学的研究

東京オリンピック(1964年)のメディア経験と開発の記憶に関する歴史社会学的研究

長野オリンピックが地域社会にもたらした「遺産」とその活用をめぐる社会学的研究

国民体育大会が都市空間にもたらした影響に関する歴史社会学的研究

ResearchMapへ移動します

取材・研究に関するお問い合わせ先

取材に関するお問い合わせ

大学広報部企画広報課

Tel. 0463-58-1211(代表) Fax. 0463-50-2215