理学研究科[修士課程]

教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシー

教育研究上の目的及び養成する人材像

 理学研究科(修士課程)の教育研究上の目的は、時代の変化に合わせ、「専門に対応できる基礎力」「総合的な判断力」「プレゼンテーション能力」を身につけた人材を養成することです。
 数理科学専攻の教育研究上の目的は、数学的思考や数理センスあるいは高度なITスキルをもとに社会に貢献できる人材を養成することです。
 物理学専攻の教育研究上の目的は、新しい科学技術を創造して21世紀の社会を背負って立つ能力をもつ人材を養成することです。
 化学専攻の教育研究上の目的は、21世紀の化学を担うスペシャリストとして専門に対応でき、総合的な判断力と論理的な表現力をもつ人材を養成することです。

3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー

 理学研究科(修士課程)では、本学の学位授与の方針に従い、以下の知識・技能・能力を備えたと認められる者に学位「修士(理学)」を授与します。

  1. 先端技術の開発、文化の創造発展、人類の福祉等に貢献できる深い学識を有し、高度な専門に対応できる基礎力と応用力。
  2. 研究内容を理解し、論理的に説明するプレゼンテーション能力。

2カリキュラム・ポリシー

 理学研究科(修士課程)では、大学が定めるディプロマ・ポリシーに基づき、以下に示す教育課程を編成し、実施します。

教育課程・学修成果

 理学研究科では、数理科学専攻、物理学専攻、化学専攻の3専攻において、コースワークとリサーチワークを通じて、科学技術の開発・発展に必要不可欠な基礎力を身につけることができるカリキュラムを編成しています。各専攻では各分野の専門基礎的内容を順次学び、研究倫理に関する教育を取り入れ、先端技術の開発を行い、文化の創造発展に寄与し、人類の福祉などに貢献する深い学識を教授しています。
 「数理科学専攻」では、数学コースと情報数理学コースの2つのコースを設置し、コースワークとしての講義とリサーチワークとしてのセミナーにより、数学を考え新しい発見を通して研究をすることやコンピュータで新しい世界を造る研究をすることを理解する教育課程を構築しています。
 「数理科学専攻数学コース」では、代数学、幾何学、解析学、統計学などを配置し、基礎専門知識を身につけるとともに研究は何かを学び、独自の研究をする方法を修得するカリキュラムを特徴としています。
 「数理科学専攻情報数理学コース」では、離散数学、応用解析学、確率論、情報科学などを配置し、基礎専門知識を身につけるとともに研究は何かを学び、独自の研究をする方法を修得するカリキュラムを特徴としています。
 「物理学専攻」では、物理学への好奇心と知的探求心を満足させ、21世紀の社会を背負って立つ新しい科学技術を創造する能力をもつ科学者・技術者を育成する教育課程を構築しています。統計物理学、相対性理論、素粒子物理学などの理論物理学と高エネルギー宇宙物理学、天体分光学、生命・分子複雑系物理学、レーザー物理学、プラズマ物理学などの実験物理学の研究室を配置し、コースワークとしての講義とリサーチワークとしてのセミナーにより、物理学の基礎学力を身につけ、研究活動を通して自ら考え、理解し、創造できる能力が養わるカリキュラムを特徴としています。
 「化学専攻」では、化学の基礎分野と応用分野を広く学び、化学の専門分野を研究できるスペシャリストを育成する教育課程を構築しています。大学院での教養教育や語学教育、研究倫理に関する教育を取り入れたコースワークと、能動的学修であるリサーチワーク(先端研究)を通じて修士論文を仕上げることで、学修成果を評価します。物理化学、無機化学、有機化学、分析化学の基礎分野とコンピュータ化学、環境化学、生命有機化学、生化学、素材化学などの応用分野を配置した高度な専門教育により、専門に対応できる基礎力、総合的な判断力、論理的な表現力を身につけられるカリキュラムを特徴としています。

学修成果の評価方法(学位論文審査基準)

 理学研究科では、修士論文の審査は以下の基準に基づき行います。

  1. 指導教員の指導のもとで自身の力によって研究を遂行し、その成果をまとめたものであること。
  2. 研究内容に該当分野における新規性が認められること。
  3. 研究課題に関する知識や結果が整理されており、研究の背景、目的、実験・調査のデータの整理、結果に基づく結論・仮説、考察などが適切に記述されていること。
  4. 提出された学位論文は、理学研究科教員による閲覧を経た後、主査と副査2名の計3名による論文審査により可否を決定する。「可」となった論文について、公開形式による口頭発表及び質疑応答を行い、ディプロマ・ポリシーに示されている知識・技能・能力等についての確認を行う。
  5. 規程の修得単位数の確認、学位論文「可」の確認、口頭発表の評価の確認に基づき、研究科学位修了審査会で審議し、その後、理学研究科教授会において、有資格出席者の3分の2以上の「可」判定をもって学位審査「合格」とする。

3アドミッション・ポリシー

 本学の「建学の精神」と、理学研究科(修士課程)の教育・研究上の目的及び養成する人材像を理解し、自ら学ぶ意欲を持ち、十分な専門分野の基礎学力を有した者を国内外から広く受け入れます。

求める大学院生像

 理学研究科(修士課程)で定めている学位授与のために求められている能力を、身に付けられると期待できる基礎学力が十分にある人材。

入学者にもとめる力(知識・技能・能力)
  1. 専門分野の情報・知識を得るために必要な英語の語学力。
  2. 理学分野の専門的な学修をするために必要な学部レベルの十分な基礎学力。