情報科学科

情報理工学部

  • 湘南キャンパス

新しい情報技術の開発に貢献できる人材を目指して、情報科学にかかわる幅広い知識を学び、技術革新への対応力を身につけます。また講義だけではなく、ゼミ、実験、実習、演習などを通じて豊かな発想力や行動力を培い、社会へ出てからも即戦力として活躍できる能力を育成します。

情報科学科ニュース

情報科学科の特色

あらゆる角度から「情報」を科学的に追究

情報科学科では11の研究室がそれぞれユニークな科学的課題をもち、精力的に研究を行っています。研究テーマは「情報・ネットワーク」、「人間・脳情報」、「画像情報」など多岐にわたっています。知識・技術としての「情報」のみならず、「情報」そのものを追究します。本学科の学生は3年次の秋セメスターから各研究室に配属され、最先端の課題に触れながら研究の一翼を担います。


豊かな発想力と強い行動力を涵養

本学科の教員は各々が自由な発想に基づいた研究を行っています。このような教員に学ぶ学生には豊かな発想力が育まれることでしょう。未来に発生するさまざまな課題を解決する場面において、豊かな発想力は最も頼りになる能力の一つです。発想を具体化するには行動力が必要です。本学科では、ゼミなどの授業において、行動して満足な結果を得る、あるいは失敗して改善する、という経験を通して、一般社会を生きていくために必要な行動力を身につけることができます。


即戦力となる人材を育成

最先端技術の研究を推進するだけでなく、次世代の情報処理の基盤技術を創出すべく、普遍的科学の研究と深い思索による飛躍的な発想力を追究します。また、東海大学の建学の精神に基づき、「自ら考え、集い、挑み、成し遂げる」という4つの力を身につけ、企業などの技術部門で即戦力として活躍できる人材を育成します。このような教育目標を理解し、その目標を達成するために自ら学ぶ意欲をもった学生を求めます。

東海大学ならではの教育システム

国際的な視野を育成