コンピュータ応用工学科

情報理工学部

  • 湘南キャンパス

AIやIoTによる自動化技術に必要不可欠な「コンピュータ」。本学科ではハードウェアとソフトウェアの両方をバランスよく習得します。コンピュータを高度に応用する知識と技術を備え、各種機器やシステムの開発を通じて、より安全・快適・便利な社会の実現に貢献できる人材を育成します。

コンピュータ応用工学科ニュース

コンピュータ応用工学科の特色

ソフトとハード両面の知識

現在、あらゆるシステムにハードウェアとしてコンピュータが組み込まれ、システムを開発するためには、必然的にソフトウェアの開発も必須となっており、両分野の知識が必要となっております。マイクロコンピュータをはじめとした、コンピュータを活用したものづくりを通して、ソフトウェアとハードウェア両面の知識を習得します。さらに、両分野の垣根を意識することなく開発するスキルを習得します。


高度な実装力

実験・実習科目を多数設けており、教室で学んだ理論を実験室で体験することで、基礎から段階的に技術力を身につけられます。コンピュータシステムやロボットは、日本の産業を支える基幹技術であるだけでなく、ハードウェアとソフトウェアを習得する上で、大変効果的な教材でもあります。ものづくりやロボット製作を通して、実装する喜びとともに高度な実装力を習得します。


システムを生み出す創造力

高機能なシステムを実現するには、各要素の性能向上を目指す要素技術だけではなく、多数の要素を組み合わせて効率性・安全性の高いシステムを設計・構築するシステムインテグレーション技術(SI技術)も重要となります。当学科では、各種講義科目で学んだ内容をもとに、数多くの実験・実習や卒業研究を通じて、さまざまなシステム開発を実践的に体現し、SI技術の素養を身につけます。

東海大学ならではの教育システム

国際的な視野を育成