教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシー

教育研究上の目的及び養成する人材像

『若き日に汝の思想を培え、若き日に汝の体軀を養え、若き日に汝の智能 を磨け、若き日に汝の希望を星につなげ』という創立者の精神に基づき、明日の歴史を担う強い使命感と豊かな人間性をもった人材を養成します。さらに、グローバル化し、価値観が多様な現代社会にあっては「常に 未来を見据え自らが取り組むべき課題を探求する力(自ら考える力)」、 「多様な人々の力を結集する力(集い力)」、「困難かつ大きな課題に勇気をもって挑戦する力(挑み力)」、「失敗や挫折を乗り越えて目標を実現していく力(成し遂げ力)」を身につけた自主的・創造的人材の輩出をもって、調和のとれた文明社会を建設することを本学の使命・目的とします。

ディプロマ・ポリシー

本学では学則に定める修了要件を満たし、以下の能力を備えたと認められるものに学位を授与します。

(知識・理解)
専攻する特定の学問分野における基本的な知識を体系的に理解し、文理融合の幅広い教養を身につけている。

(汎用的技能)
<自ら考える力>常に未来を見据え自らが取り組むべき課題を探求することができる。
<集い力>多様な人々の力を集結することができる。
<挑み力>困難かつ大きな課題に勇気をもって挑戦することができる。
<成し遂げ力>失敗や挫折を乗り越えて目標を実現していくことができる。

(態度・志向性)

自らの考えをもち、時代の変化に合わせて積極的に社会を支え、改善していく自主性や創造性を身につけている。

カリキュラム・ポリシー

本学が定めるディプロマ・ポリシーに基づき、以下に示す教育課程を編成し、実施します。

『教育課程・学修成果』

【区分Ⅰ】「現代文明論」(全学共通必修)(2単位)
文系・理系の領域を融合した幅広い知識と国際性豊かな視野を育成し、教養ある現代市民として調和のとれた文明社会の建設に大きな役割を果たせる人材育成の基盤となる、本学教育課程の核となる科目です。

【区分Ⅱ】「現代教養科目」(全学共通必修)(12単位)
現代代教養科目は、基礎教養科目(「人文科学」「社会科学」「自然科学」)と発展教養科目(「シティズンシップ」「ボランティア」「地域理解」「国際理解」)とに分かれています。基礎教養科目では、知の力の修得を念頭に置き、発展教養科目では、実践力の修得を念頭に置いて、いずれも市民としての教養につながる導入的な授業を展開します。また、健全な心身の保持増進を図るために、健康スポーツ科目も設定されています。

【区分Ⅲ】「英語科目」(全学共通必修)(8単位)
グローバル化が加速する現代社会で活躍するために必要とされるのは、英語によるコミュニケーション力と国際的視野の獲得です。そのために本学では、英語コミュニケーション科目(「英語リスニング&スピーキング」「英語リーディング&ライティング」)及び、グローバル人材育成科目(「グローバルスキル」「アカデミック英語」)を設定し、グローバル社会に対応した実践的な英語力を育成します。

【区分Ⅳ】「主専攻科目(専門科目)」(学部学科設定)(72単位)
学部学科の専門科目です。大学で専門分野を修めるためには、順序立てた学修を行い、しっかりとした土台の上に高度な専門知識を積み上げ行くことが大切です。そのため、高校と大学との橋渡しを行う初年次教育科目から卒業論文・卒業研究までの全ての科目にグレードナンバーを設定するとともに、カリキュラム・マップ及び履修モデルを示すことにより、授業内容のレベルと自分の学修状況とを照らしながら段階的・系統的に学べるようにしています。

【区分Ⅴ】「自己学修科目」(全学共通・学部学科設定)(30単位)
多様な知識と複眼的な思考能力を体系的に修得すことを目的とした副専攻科目等が設定されています。特に、複雑化した現代社会を生きるために必要な4つの力を育むために、「文理融合副専攻」及び、パブリック・アチーブメント型教育を主体とした「社会的実践力副専攻」が設定されています。

また、グローバル人材の育成を目的とした「国際・語学系副専攻」も設定されています。

『学修成果の評価方法』

本学のディプロマ・ポリシーに示されている「知識・理解」「汎用的技能」「態度・志向性」に関して、コンピテンシーとリテラシーに関する客観的評価等により、学修成果の評価を行っています。その集計結果は、本学のアセスメント・ポリシーに基づき、FD活動等をとおして教育の質向上のためのPDCAサイクルにつなげています。

アドミッション・ポリシー

本学の「建学の精神」と教育理念に共鳴する以下の者を国内外から広く受け入れます。
1.大学で学ぶに相応しい学力を有し、明日の歴史を担う強い使命感のある者
2.豊かな心と健やかな体の育成に努めると共に、自分の個性を伸ばす意志のある者
3.時代の変化に合わせて積極的に社会を支え、社会に貢献する志のある者