電気電子工学科が「フォトアドベンチャー」の手法を使った新入生研修会を実施しました

2016年05月11日

工学部電気電子工学科では4月23日に東京都お台場で、新入生研修会を実施しました。本学科では、学生同士の交流を深めてスムーズな学生生活のスタートを促すことを目的として、企業の新入社員研修などで用いられる「フォトアドベンチャー」方式による研修を行っています。

学生たちは同方式の研修をサポートしている日本コミュニケーションセンターのスタッフからルールの説明を受けた後、ランダムに26チームを編成。お台場内にある複数のオブジェの写真と地図を手に、それぞれの設置場所を訪れて関連するクイズに答えるゲームに挑戦し、グループごとに得点を競いました。

26日には本研修の表彰式を実施。100点満点中94.6点という最高得点を獲得したチームの学生一人ひとりに、学科主任の庄善之教授が賞状を手渡しました。学生たちは、「はじめは緊張していましたが、ゲームの進行とともに打ち解けました。グループ内で自然に役割分担ができて、全員が前向きに取り組むことができました」「ゲームを通じて気軽に話せる仲間が増え、学生生活が楽しみになりました」などと感想を話していました。

一覧へ戻る