組込みソフトウェア工学科

実践的な知識と開発技術を備えた、コミュニケーション能力の高いエンジニアを養成。

「組込みソフトウェア」とは、スマートフォンや自動車、エアコンなどの家電を動かしている頭脳にあたるソフトウェアのことです。本学科では、組込みソフトウェアを理解するために必要なハードウェア・ソフトウェアの知識をバランスよく見につけることができます。また、卒業後に役立つグループ開発力・コミュニケーション力の育成を重視しています。

学びのステップと将来のビジョン

1年次

高校の数学、物理の復習から始め、専門知識を修得する土台をつくります。また基礎言語を用い、プログラミングを広く深く学習していきます。

2年次

1年次の知識を応用し、コンピュータの基礎となる電子回路やシステムなどを学習。また実践的なソフトウェア開発にもチャレンジします。

3年次

より専門的な科目として、「コンピュータアーキテクチャ」や「ソフトウェア工学」などを学習。実験を通し、専門理論の定着をはかります。

4年次

「卒業研究」を通して、研究の進め方や情報収集・活用能力、開発・企画力、プレゼンテーション能力などを身につけていきます。

将来のビジョン

携帯電話やスマートフォンなどの通信業界をはじめ、家電業界、自動車業界など、ICT(情報通信技術)にかかわる幅広い分野で活躍できます。

学科のキーワードと概要

高いコミュニケーション能力、ソフト&ハードウェアの設計力、幅広い実践力