組込みソフトウェア工学科

実践的な知識・技術を身につけ国内外の幅広いジャンルで活躍する組込みソフトウェア技術者を育成。

携帯電話やデジタルカメラ、掃除機に代表される家電製品や自動車などに内蔵されたマイクロコンピュータを制御するプログラムが「組込みソフトウェア」です。本学科では、ハードウェア・ソフトウェアに関する基礎的な知識・技術を養うとともに、実験・実習を重視した実践的な教育を行っています。特に、PBL(Project Based Learning)を通したグループ活動により、国際的な舞台でも活躍できる高いコミュニケーション能力を育成します。

学びのステップと将来のビジョン

1年次

高校で学ぶ数学・物理の復習から始まり、大学での専門を修得するための基礎・土台をつくります。また、あらゆるプグラムの基礎であるC言語を用いてプログラミングについて広く深く学習します。

2年次

1年次に身につけた知識を応用して、コンピュータの基礎となる電子回路やコンピュータシステムなどを学びます。また、組込みソフトウェア工学実験1ではPBLを通した実践的なソフトウェア開発を行います。

3年次

より専門的な科目として「コンピュータアーキテクチャ」や「ソフトウェア工学」などを学ぶとともに、実験を通して専門理論の定着をはかります。

4年次

「卒業研究」を通して、研究の進め方、情報収集・活用能力、開発・企画力、プレゼンテーション能力などを身につけます。

将来のビジョン

社会的ニーズが高い組込みソフトウェア技術者として、携帯電話・スマートフォン等の通信業界、冷蔵庫・掃除機等の家電業界、自動車業界など、ICT(情報通信技術)にかかわる幅広い分野で活躍できます。

学びを表すキーワード

高いコミュニケーション能力、ソフト&ハードウェアの設計力、実践的な実習を重視